「自分の家の家系図だから、なるべく自分の手で作ってみたい!」と家系図の作成を専門家に依頼せず、自分で作りたいと思われる方も多くいらっしゃることと思います。ゼロから家系図を作ろうとすると、多くの手間と時間がかかるため、私達のような専門業者を活用される方も増えています。

一方で、忙しく働かなくても収入が十分ある方、お仕事を定年退職された方、自分で作ることに“意義がある”と考えている方であれば、楽しい終活・ライフワークとしてのんびり家系図作りに取り組まれる方も増えていて、さらに若者の「自分探し」としても家系図作りは注目されています。

そんな方に向けて、この記事では多くの記事の<総集編>として、自分で家系図を作るために必要な知識が学べる記事をまとめてご紹介します。

本記事の末尾に12個の質問に答えるだけで、簡単に家系図作りの進行具合が確認できる「家系図チェックシート」も用意してあります。このページを目次代わりにお気に入り登録して、ご自身の作業を進めてみてください。

自分の家系を調べる4つの方法

家系を調べる方法も様々なものがあります。大きく分類すると、4つの方法に分かれます。

  1. 戸籍を辿って家系図を作る(戸籍調査)
  2. 文献を調べて家系を調査する(文献調査)
  3. 現地に調査に行って家系を調査する(現地調査)
  4. 自分の家族や親戚に聞いてみる(聞き込み調査)

家系を調べる方法にも様々な手段があることがご理解いただけると思います。実はこの4つの他に、もっとも手軽な「自分の記憶を辿ってみる」という方法があります。記憶を辿ることは今日からできることですから、是非始めてみて下さい。誰にでも「我が家に伝わる言い伝え」の一つくらいはあるものです。昔におじいちゃん、おばあちゃんが教えてくれたことや、見せてもらったもの、家紋や名字の由来等の話を思い出して、メモに書き留めてみて下さい。そこからが家系図作りのスタートになります。

家系はどこまで辿れる?

どこまで辿れる?

自分の家系を調べるといっても、現実問題としてどこまで調べることができるのかは大変気になるところではないでしょうか。人間である限り、誰にしても太古のご先祖様がいるはずですから、縄文時代にも自分の先祖はいたはずですし、その先を辿るとすれば人類の起源といわれるアフリカ大陸がルーツということになってしまいます。

「自分は一体何者なのか」「自分はどこからきたのか」等、自分自身のルーツについて考えることはロマンがあります。しかし、自分のルーツをどんなに調べたとしても残存している資料の関係で中臣鎌足(藤原鎌足)が登場する大化の改新(645年)までが限界です。しかも、資料の信憑性の点からどうしても調査結果は推測や希望が混じったものにならざるを得ず、ハッキリとした根拠・証明を得ることは困難です。日本人の中で最も歴史が深いといわれる、126代続く天皇家でさえも1500年より前になると存在自体があいまいな神話の世界になってしまうわけですから、古くから続く由緒正しい家系の方はともかくとして一般人がそこまで正確に家系を辿ることは困難であり、辿れる限界についてもとても個人差がある!ということを理解しておきましょう。

遺伝子検査という方法も最近登場

「家系」ではなく「祖先」ということで考えると、遺伝子検査という方法も最近できるようになりました。唾液を採取し郵送することでDNAを検査してもらえるサービスです。科学的根拠に基づいて「ハプログループ」という遺伝子的な分類のうちのどのグループに属するのかを診断してもらえます。遺伝子検査では先祖の名前や生き様はわかりませんが、家系調査とは別のアプローチで、遥か昔の祖先のタイプを調べることができる方法ですので、興味がある方はチャレンジしてみてください。

家系を辿るステップを確認する

家系調査の方法 調査する時代 西暦
戸籍を辿る調査 幕末から現在まで 約1853-現在
江戸時代の実地・文献調査 江戸時代が中心 約1603-1868年
家系の流派を探す文献調査 平安~戦国時代 約700-1603年

このように、家系を調べるにもいくつかの段階があります。この段階で一番大きな違いは幕末まで辿ることができる「戸籍調査」とそれ以上の調査である「文献調査」「現地調査」「聞き込み調査」の違いです。戸籍制度は今では日本特有の国民管理の仕組みになっていますが、制度の歴史自体は実は古くからあり、これも始まったのは大化の改新(645年頃)の頃といわれていて「庚午年籍(こうごねんじゃく)」といわれる最初の全国的な戸籍が作られたのは670年頃です。

「戸籍の歴史」の解説記事戸籍制度の歴史とは?いつから始まったものなのか。

それでは自分の戸籍を辿っていけば、誰でもその時代まで先祖を遡れるのかというと、そんなことはありません。なぜなら、現代につながる戸籍制度ができたのが明治時代だったからです。上の関連記事を読んでいただければわかるとおり、長い歴史の中で戸籍制度が形骸化したり、使われなくなった時代もあったため、今と昔で途切れてしまっていることが原因です。

このことから、現代で一番確実に家系を辿ることができる方法は「戸籍調査」ということになります。戸籍調査で幕末まで先祖を辿ることができるだけでもかなりのご先祖がわかりますし、知らないこともたくさんわかるはずです。そのため自分の家系・ルーツを辿る上で、ひとまず行うべき作業は「戸籍でわかる範囲を全て調べること」です。江戸時代まで遡りたい方も、平安時代まで挑戦したい方も、最初は明治時代までの戸籍を辿ることから始める必要があります。戸籍を家系図作り・ルーツ探しの基礎資料として、文献調査・現地調査・聞き込み調査を進めていく方法が家系図作りの王道なのです。

関連記事戸籍を辿って作る家系図でどの時代まで調べることができるのか?

1.戸籍を辿って家系図を作る方法

戸籍調査

  1. 【取る】役所から戸籍を取得する
  2. 【読む】取得した戸籍を読み込む
  3. 【書く】戸籍から得た情報を元に家系図を書く

上のとおり、昔の戸籍を辿って家系図を作るためには、全国に散らばって保管されている自分の戸籍を①集める、②読む、③家系図を書く、作業の繰り返しを行っていくことになります。家系図作りの第一歩である戸籍調査ですが、多少の技術と根気が必要な作業になります。それぞれの3つの作業の解説ページを順番にご紹介します。

1.【取る】役所から戸籍を取得する

戸籍の取得が家系図作りの第一歩です。自分の戸籍は取った経験がある方も多いと思いますが、古い戸籍まで取ったことがある方は少ないと思います。古い戸籍になると、戸籍を管理する役所が遠方になってしまうことも多いため、郵送で戸籍を請求していくことになります。以下の解説記事では、戸籍の請求の方法を詳しく解説しています。作業の際に実際に使える請求書(PDF)もダウンロードすることができますので、是非活用して取り組んでみてください。

「戸籍の取り方」の解説記事家系図の調べ方・戸籍の取り方をプロが詳しく解説します!

2.【読む】取得した戸籍を読み込む

1.で無事に戸籍が取得できたら、戸籍を読み込む作業に移ります。戸籍を取得する段階でもある程度は戸籍を読み込まないと、次の戸籍が請求できませんので、同時並行作業になります。ある程度の戸籍が揃ったと思っていても、改めて読み込んでみると取得漏れが見つかることもよくありますので、一つ一つ正確に読まなければいけません。戸籍は年式ごとに読むポイントが決まっていたり、効率よく読むコツも多くあります。家系図作りのための戸籍の読み方は特殊な部分も多いため、以下の解説記事で戸籍の読み方のポイントを勉強してみてください。

「戸籍の読み方」の解説記事改製原戸籍・除籍謄本の読み方を家系図のプロが徹底解説!

3.【書く】戸籍から得た情報を元に家系図を書く

全ての戸籍が揃ったら、いよいよ家系図を書く作業に移ります。戸籍を取得する段階で、ある程度メモのような家系図はできていると思いますが、それを基に見映えするきちんとした家系図を描画します。家系図の形式にルールはありませんので、自分の好みで自由に描いていただいて構いませんが、わかりやすい家系図にするためには一定のルールも必要です。以下の解説記事では家系図の書き方をビジュアルを用いてわかりやすく解説しています。参考にしながら作業を進めてみてください。

「家系図の書き方」の解説記事美しい家系図の書き方・基本ルールをプロが徹底解説!

エクセルで家系図を作る方法もある

きちんとした家系図にしなくても、ひとまずエクセルファイル等で作っておきたいという方には以下の解説記事がオススメです。記事中では無料テンプレートも配布していますので、是非活用してみてください。

「エクセルで家系図を作る方法」の解説記事家系図をエクセルで作る方法を動画で解説!無料テンプレート付き!

戸籍調査が終わったら

上の3つの作業が完了したら、戸籍調査は完了ということになります。家系図だけではなく「家系譜」も作っておくのがオススメです。家系譜は図だけではなく、ご先祖の詳細な情報をわかりやすくした冊子のことで、家系譜まで作っておけば一家の伝承物としても価値のあるものになるはずです。

このまでの作業だけでもかなりの時間・手間がかかるため、ひとまずの達成感は得られるはずです。家系図作成を専門業者に依頼したとしても、戸籍調査までしか行わない家系図業者(行政書士事務所)がほとんどという事情もあって、ここでご先祖探し・ルーツ探しを終えてしまう方も多いと思われます。

しかし、本当にそれでよいのでしょうか。

家系図を作る意義を改めて考えてみる

考える男性

ここで初心に帰って、そもそもなぜ自分が家系図作りをしようと思ったのか、なぜ自分のルーツを辿ってみようと思ったのか、改めて考えてみましょう。

  1. ご先祖の生没年月日や本籍地を調べるため
  2. 家族の歴史を子供に伝承し、後世に残すため
  3. 自分のルーツが気になって、ただ知りたかったから

上の例はどれも立派な理由ですが、皆さんは一体どれに当てはまったでしょうか。①だった方は、戸籍調査までで終了しても構わないでしょう。しかし、ほとんどの方は②か③が目的だったのではないでしょうか。実のところ、戸籍の情報だけでは、家族の歴史や自分のルーツまで辿り着くことは“永久に”できません。

ご先祖の職業や功績、歴史上の人物とのつながり等の自分のルーツに関する“本当に価値ある情報”には、戸籍の情報(ご先祖の生没年月日や本籍地)だけでは辿りつくことはできないのです。

自分のルーツをもっと調べたい場合は?

戸籍調査が終わった時点では、家系図作り・ルーツ探しでいえば全体の20%程度の進捗状況です。戸籍以上の文献調査や現地調査で、戸籍調査で判明した「点」の情報をつなぎ合わせて「線」に、さらに情報に肉付けをすることで「家族の物語(ストーリー)」と呼べるほどの価値あるものに変えていくことができます。

人の知的好奇心には終わりがないものですから、ご先祖のことや、自分のルーツに関してもっと調べたいと思うのは当然です。そんな方は、迷わず戸籍より先の調査にチャレンジするべきです。戸籍調査に比べて手段も多様、かつ不確実で終わりのない作業になりますが、それほど取組む価値があるものですし、努力して手に入れた情報は家族・子孫に脈々と引き継がれる資産にもなります。自分で進めていくことが困難な場合は私達のような専門業者に依頼することもできます。

腰を据えてルーツ調べに取り組んでいると、これからの自分の人生に大きな影響を与えるような、歴史上の人物との関係や、江戸時代のご先祖様の職業がわかったり、知られざる家族の歴史を見つけることができるかもしれません。そういった意味では、ルーツ探しは“戸籍調査が終わってからがスタート”なのです。

2.文献調査で家系を調べる方法

文献調査

戸籍以上に先祖のことを調べたい場合に、一番手軽なのが図書館等で行う文献調査です。私たちのような専門業者はある程度自前で書籍・文献を所蔵していることが多いですが、ルーツ探しに関する文献は高額なことが多いため一般の方が書籍を購入することは現実的ではありません。さらに、そもそも販売されていなかったり貸出されていない文献も多くあります。そのため基本的には図書館や資料館を活用しながら取り組むべきといえます。1日時間をとって自宅近くの大きい図書館に行って、関連する書籍を読んだり、コピーをとって家でゆっくり情報を咀嚼する等して調べてみて下さい。以下の記事では文献調査の調査対象やオススメの図書館について解説しています。

「文献調査」の解説記事図書館で自分のルーツ探し!文献調査の方法を詳しく解説!

3.現地調査で家系を調べる方法

現地調査

文献調査がある程度進んできたら、ルーツの場所へ現地調査の計画を立てます。ここでいう「ルーツの場所」とは、自分の祖先の「最古の本籍地」のことです。戸籍調査で自分を基点として全ての家系を調査した場合、自分の先祖の最古の本籍地も多く(平均8ヶ所程度)判明することになります。全ての場所に同時に行くことはできないため、まずは自分にとって一番思い入れのある家系(名字)のルーツの場所にまず出向いてみるべきです。現地調査は3種類の調査に分類できます。

  1. 現地の「もの」を調べること
  2. 現地の資料館等で「文献」を調べること
  3. 現地の「人」に聞き込み調査をすること

の3種類です。せっかく先祖のゆかりの場所に行くわけですから、調査だけでなく、思い出作りや旅行も兼ねて楽しみながら進めたいところです。解説記事では現地調査のポイントを解説していますので、是非参考にしながらチャレンジしてみて下さい。

「現地調査」の解説記事現地に行ってご先祖探し!現地調査の方法を解説します!

名字をもとに家系を調べる方法

名字を調べる

文献調査や現地調査とは別に、「名字」をたよりに家系を調べる方法もあります。現地調査よりは手軽な方法です。名字を調べるためには、まず名字の歴史や由来を学ぶことが大切です。

「名字の歴史」の解説記事名字の歴史と由来。自分の名字はいつから始まったのか?

名字から先祖の職業を調べる方法

実は自分が名乗っている名字には必ず意味があり、由来があります。一部の特殊な名字を除いて、名字だけでは先祖の職業を知ることは困難ですが、他の情報と照らし合わせてみると、重要な発見があることもあります。自分の名字に関する情報が得られるだけで日常生活の会話の引き出しも増えるので、興味本位で一度調べてみるべきでしょう。以下の解説記事では貴族の名字の解説に加えて、10個の質問に回答して先祖が貴族だった確率が診断できる「貴族診断」を実装しています。今後の調査の目安にするためにも、一度診断してみることをオススメします。

「貴族の名字」の解説記事【貴族診断】自分の名字を調べると昔の身分がわかる!?名家や貴族の名字とは。

自分の先祖が武士がどうか知りたい場合

「ウチの家は元々〇〇藩の武士の家系だった」「先祖は〇〇という大名の家臣だった」という言い伝えを聞いたことがあることも多いのではないでしょうか。そのような言い伝えが本当がどうか確かめたい!という理由でルーツ探しに取組む方も多いのが現状です。以下の解説記事では武士の調査方法の解説に加えて、10個の質問に回答するだけで先祖が武士だった確率が診断できる「武士診断」を実装していますので、こちらも一度チャレンジしてみて下さい。

「武士の名字」の解説記事【武士診断】自分の先祖が武士なのか知りたい!場合の調べ方

家紋をもとに家系を調べる方法

家紋を調べる

家系図を作る上で必ず名字は辿ることになりますが、名字だけでなく「家紋」も必ず調べましょう。自分の家紋がわからない方は、以下の記事で具体的な調べ方を解説していますので、取り組んでみて下さい。

「家紋の調べ方」の解説記事自分の家紋の調べ方。プロが調査方法を徹底解説!

家紋は他の情報との照らし合わせが大切!

注意したいことは、家紋単体の情報だけでは自分のルーツはわからないということです(推測はできます)。文献調査でその家紋の由来からまず調査してみて、同じ名字と家紋の組み合わせ、最古の本籍地に多い家紋、江戸時代の藩主・武士の家紋等と照らし合わせてみて、他の情報との共通点を探してみることが基本的な調べ方です。他の情報と照らし合わせて、何かの共通点を見出せれば家紋はご先祖探しの上で重要なヒントになることもあります。

自分の家の家紋には由来があり、その家紋である理由が必ずあるものです。家紋文化は平安時代から続く日本固有のもので、古来の日本の美・芸術が表れているとても貴重な存在です。家紋がいつから始まり、どういう歴史を辿ってきた存在なのか、家紋の歴史について学びたい方は、以下の解説記事も是非ご覧下さい。

「家紋の由来」の解説記事家紋の由来とは?そのルーツから現代までの歴史を解説します。

家系調査・ルーツ探しの終着駅は

ルーツ探しの終着駅

ではルーツ探しの終着駅はどこに設定したらいいのでしょうか。根気よくルーツ探しを進めていくと、稀に歴史上の重要人物が自分の先祖だとわかることがあります。重要人物であればあるほど、尊卑分脈を代表とする図書館に所蔵されている文献としての家系図に家系が合流する可能性が高まります。

自分の「氏」の発見が最終的なゴール

その学術的な研究対象となるような家系図に合流することがあれば、文献調査によって自分の流派が源平藤橘(げんぺいとうきつ)と呼ばれる四大性、源氏・平氏・藤原氏・橘氏なのか、その他の氏なのか、その流派が何であるのか判明する可能性が高くなり、最終的には由緒正しい天皇家に行き着く可能性もあります。この「氏」の発見こそが最終的なゴールになります

「源平藤橘」の解説記事源平藤橘を5分でおさらい!あなたの名字は何氏の流れ?

情報の信憑性はどの程度?

ルーツ探しもここまでくると、かなり希望・推測も含まれることになります。江戸時代以前には家系を偽る者も多くいたため、全体的な情報の信憑性が低くなっているからです。ですが、必ずポジティブなイメージをもってルーツ探しを終了することは、とても大切なことです。

誰も証明できないわけですから、何を信じるかも自分次第。
自分が信じたいことをそのまま信じる方が幸せに過ごせますし、充実した人生を送ることができます。

思ったような成果が得られなかった場合でも、気にすることはありません。世の人のほとんどは自分のルーツやご先祖様のことを気にもとめず生活しています。多くの時間を割いて一生懸命探してくれただけでも、ご先祖様はきっと喜んでくれるはずですし、何よりの先祖供養になっているはずです

ルーツ探しの本当の意義は、過去を遡って家柄を確認して一喜一憂することではありません。今の自分にいたるまでの家族の歴史や、先祖の生き方から何を学び、自分の今後の人生にどう活かすか、さらには自分の家族や子供にどう伝えていくか、が重要です。

つまりルーツ探しは究極の自己研鑽なのだということを忘れないようにしましょう。

困ったら家系図業者に依頼する方法も!

悩む男性

ここまでご覧いただくと、家系図作り・ご先祖探しがとても奥深いものだ!ということがご理解いただけたと思います。戸籍から作る家系図(戸籍調査)までであれば、ご自身で時間と手間をいとわなければできるはずですが、それ以上の文献調査や現地調査等は専門性が高く、十分な調査ができなかったり、途中くじけてしまうケースも多いはずです。

そんな場合は家系図の専門業者に依頼する方法も検討してみて下さい。日本ではマイナーな分野と思われがちな家系図作成ですが、実は家系図業者は大小含め全国に数多く存在しています。

しかし、家系図作成を業者に依頼することは人生で1度あるかないかの重大事。費用も決して安くはありません。そのため最初はどの業者に依頼すればいいのかわからず混乱してしまう可能性も高いです。

以下の記事では、全国に数多ある家系図業者の選び方のコツについて解説しています。是非ご一読いただき、ご自身の業者選びの基準にしてみて下さい。

「家系図業者の選び方」の解説記事家系図作成代行業者の比較方法!依頼前に注意すべき4つのポイント!

まとめ

本記事では、自分で家系図を作る方法・解説記事を【総集編】としてご紹介させていただきました。皆さんの家系図作り・ご先祖探しの道しるべになれば幸いです。最後に家系図チェックシートでご自身の家系図作りの進行具合を確認してみて下さい!12個の質問に回答するだけで簡単にチェックできます!

家系図チェックシート【入門編】

家系図チェックシート入門編

 

診断結果の見方

得点 コメント
81~100点

【上級者】家系図作りがここまで進んでいれば上級者といえます。残りの調査・情報の裏付けを進めながら家系図をわかりやすい形でまとめる作業も進めてみて下さい。

51~80点 【中級者】まだやるべきことは十分残っている状態ですが、ゴールに向けて順調に進んでいると考えてよいです。収集した情報の分析・理解が難しいと感じる場合は弊社が提供している専門サービスの活用も検討してみて下さい。
31~50点 【初級者】家系図作りはまだ始まったばかりの段階です。家系図作り・ご先祖探しは奥深く、長い道のりですので、今後の方針をしっかり立てて取り組むことを心掛けましょう。
30未満 【入門者】まだ家系図作り・ご先祖探しのスタート地点にいる状態です。まず家族・親戚からしっかりと話を聞いて、どの作業から始めるべきか検討しましょう。

チェックの結果はいかがだったでしょうか。上の<入門編>で50点以上だった方は、より本格的な<上級編:全50問>にもチャレンジしてみて下さい。上級編のチェックシートでも高得点(60点以上)だった場合は家系図作り・ご先祖探しは終盤に近づいていると考えて問題ありません。

家系図チェックシート上級編にチャレンジしてみる

最後に

このように、家系図作りは高度な技術や専門知識も多く求められるため、なんとしてもご自身で完結させたい方はしっかりと計画を立てて作業を進める必要があるといえます。

自分のルーツ探しは一見終わりがないようにも感じられる途方も無い作業の積み重ねですが、その苦労以上にやりがいや喜びも一層感じられるはずです。さらに自分の作った家系図が「家族の物語」として、自分亡き後も脈々と子孫に引き継がれるということもロマン・魅力の一つといえます。

一世一代の家系図作り、是非チャレンジしてみて下さい。