家紋とは

時代劇を観たことがある方は、家紋というものがどのようなものかについて、よくご存知のことと思います。

家紋とは、その家で使われているロゴというか、マークのようなもので、時代劇の場面では、その家紋を見た町民が驚いて頭を下げたりするシーンなどもよく見られます。

家紋と言うのは、その家に先祖から伝わる紋章のことなのです。

おそらく1番イメージしやすいのは、時代劇の定番としてこれまでに何作も放送されてきている水戸黄門です。

水戸黄門

水戸黄門のドラマの最終シーンには、お決まりの「この紋所が目に入らぬか!」というシーンが必ずあります。

その紋が入った印籠を見た者は、それまでかなり威勢よく切りにかかってきていたのに、いきなり態度が激変し、「ははー!」と言って頭を下げたり、逃げ出してしまう者も。

水戸黄門のドラマの場面では、水戸黄門は自分の身分を隠して旅をしています。

その為、トラブルがあった時に、最終的に家紋を見せる事によって、事態を収拾させるのがお決まりとなっています。

この水戸黄門と一緒にお供をしている助さんと格さんが、由緒正しい徳川家の家紋を見せてその回は完結へと向かっていきます。

家紋が入った印籠を見せるだけで、相手がひれ伏すわけですから、江戸時代は家紋にマーク以上の意味があったことになります。

劇中、助さん格さんが出す印籠に入った家紋、これは葵の御紋と呼ばれるものです。

この御紋は、かの有名な徳川家康の家紋であり、家康が天下を統一した際に、権威のある家紋になったと言われています。

つまり、名字などの一般的に使われている私達の名前以外に、その家系を表すマークのようなものが家紋と言う事になります。

ちなみに余談ではありますが、水戸黄門ではない時代小説にも、この葵の御紋が登場します。

その小説は、江戸時代の料理について描かれているのですが、そこに出てくる野菜の中で、きゅうりは、江戸のお城などに仕えているような偉い人々は食べないとされていたのです。

これは、きゅうりを包丁で切った時の見た目が、葵の御紋にすごく似ているからという理由です。

きゅうり

つまり、仕えている徳川の葵の御紋に刃物を入れ、口に入れることは無礼だと感じ、それを避けたと言われています。

この小説に書かれていた事も、実際には正しいと断言する事はできませんが、そう言われるほど家紋というものは、江戸時代に浸透していたものだったといえると思います。

またこの家紋の由来というのも、実は諸説あります。

一番有力だと言われている説は、公家と呼ばれる、昔で言う貴族のような位の高い人々が、牛車に車紋と呼ばれるマークを施していたと言うのが家紋のはじまりだというものです。

更に武士なども、家紋が入っている物を普段から身につけて、威厳を示していたとも言われています。

江戸時代は現代ほど識字率も高くなく、きちんと字が読める人も多くなかったため、家紋のようなマークが一般的なものに適していたのです。

江戸時代は身分を表すものとして活用されていた家紋ですが、明治時代になってからは身分を表すイメージは薄れて、家を表す一般的なものになりました。

その後、明治時代になってから、紋付袴の黒紋入りが一般的となったこともあり、どの家も家紋を持つようになりました。

紋付袴と言うのは、男性の礼装の事であり、今でも歌舞伎役者の方は日常的に着ているのをテレビで見ることができます。一般の方が身につける場面といえば、成人式や結婚式が最もイメージしやすいと思います。

紋付袴

今は結婚式でスーツを着ている方も多くいらっしゃると思いますが、日本の伝統的な結婚式である「神前式」では黒い袴を着ることも多いと思います。

家紋は様々種類がありますが、一番ポピュラーなのは、植物紋と言って、お花や葉っぱなどをモチーフにした柄です。

家紋の種類と調べる方法

日本にある家紋の種類は、5000種類以上とも言われています。中でも多く使われている家紋としましては、5大家紋と10大家紋と言われるものです。

そんな中で、自分の家の家紋を調べる方法として1番手軽なのは、親や祖父母などに聞いてみることです。

現代ではあまり普段使われなくなっている家紋ですが、昔の人であればあるほど、自分の家の家紋について知っているものです。

次に確認頂きたいのは、ご先祖様のお墓です。このお墓に家紋が彫られていることが多いです。

お墓

また、その他家紋を見つける方法としては、神棚であったり、仏壇の引き出しの中なども確認してみるとよいでしょう。

神棚

ただし、本家ではなく、分家であったり、本家が遠方にあるなどの場合においては、なかなか把握するのが難しい場合もあります。

その場合は、自分の名字や出身した地域などを辿っていくと、わかるかもしれません。

しかし、実際には、いくら明治時代に家紋を皆が持ちはじめたと言っても、その間に時代は大きく流れていますし、ずっと代々自分の家が本家であったと言うようなお家でない限りは、正直これが正しい家紋だ!というのは、見つける事は困難な場合もあります。

今とは違い、昔は兄弟姉妹も多く、さらに本家と分家に分かれていくのは普通の事ですし、分家から更に分かれてとなってくると、辿るだけでも一苦労です。

この時に、1つの方法として使って頂きたいのが、戸籍です。

代々伝わってきた家紋がわかるかもしれません。

戸籍と言うのは、一定の期間が経過すると処分されてしまう物ですが、一番古い戸籍を確認してみる事もよい方法だといえます。

その戸籍を確認する事によって、本家を知る事が出来れば、もしかすると家紋が判明するかもしれないからです。

しかし古い戸籍というのは手書きで書かれておりますし、横書きではなく、全て縦書きで書かれています。

更に、旧字体などを使っている事が多いため、慣れない方が解読するのには、大変苦労するかもしれません。

そのような場合は、専門家を頼ったり、戸籍を保管している役場などに、どのように書かれているか聞いてみることをオススメします。

最後の本籍地から、自分の家が本家なのか分家なのかを把握することができると思います。

戸籍から本家がわかったら、本家に聞いてみるとわかる可能性があります。

本家がわからない場合は、最後の本籍地近くの同性の家に聞いてみると、自分の家紋についてのヒントがあるかもしれません。

そして最後まで自分の家紋がわからない場合は、自分の代から新たに家紋を作ることもできます。わからないからといって決して気にすることはありません。

今の時代に家紋は昔ほど馴染みがないものになりつつありますが、家紋を知らないと言う方は、一度調べてみると自分の家の由来などもわかるかもしれません。

家紋だけではなく、家系図を作りながら自分の家の家紋について調べてみることもオススメの方法です。