東京・銀座の家系図作成会社「家樹」。家系図を通じて知的体験を提供いたします。

申し込みについて

  • 1家系図作成に期限はありますか?

    作成期限はありません。しかし、戸籍法には150年という保存期間が定められており、保存期間が過ぎると、ご自身のご先祖が載っている除籍・改製原戸籍が廃棄される可能性が出てきてしまいます。平成22年6月1日に戸籍法が改正されるまでは、保存期間が80年と定められており、実際に過去に廃棄されてしまった事例も少なくありません。戸籍が廃棄された場合、幕末まで辿る家系図の作成は困難になりますので、お早めの作成をおすすめしております。

  • 2家系図作成サービスを受ける条件はありますか?

    家系図作成サービスを提供する上で特別な条件はありませんが、戸籍を辿って作成するため、「日本人」の方であることは条件となります。その他、委任契約締結の関係で、依頼する方が「成人」していることも条件になります。他に条件はないため、基本的に日本人の方であれば、どなたでも家系図を作ることができます。

  • 3申込に必要なものはありますか?

    記入押印済の①申込書 ②委任状 ③身分証明証のコピーが必要になります。身分証明証のコピーは戸籍請求の際の本人確認資料として必要となります。できるだけ写真付き身分証明書のコピーのご提供をお願いしております。

  • 4いとこや甥・姪も家系図に追加できますか?

    家系調査はご依頼者様の直系の先祖と子孫のみ可能です。従兄弟、甥、姪は傍系となるため、その方の家系調査はできませんが、戦前の戸籍に傍系の方の名前が入っている場合もあります。調査はできないものの、お客様から情報をいただく範囲で従兄弟・甥・姪のお名前等を家系図に追加することは可能です。家系図原案の確認の際にお申し付けください。ただし、人数が多く表示上困難である場合等には相談させていただきます。

  • 5夫(妻)の家系図を作ってプレゼントできますか?

    ご依頼者の直系血族のご先祖様の調査はできますが、それ以外の方は法令によりできません。(戸籍法10条)
    配偶者様のご先祖様は、ご依頼者からみると直系血族ではなく姻族という関係になりますので、戸籍の取得ができません。調査するためには配偶者様の記名押印がされた委任状及び身分証明書コピーが必要になります。これらの書類が準備できない場合は配偶者様の家系図の作成はできません。

  • 6父(母)へのプレゼントなので内緒で作成できますか?

    家系調査は、ご依頼者の直系血族のご先祖様の戸籍を取得する方法により進めます。ご依頼者のご両親は直系血族にあたりますので、内緒で家系図の作成をすることは可能です。また戸籍の請求にあたって、私共及び役所等からご両親、ご親戚に連絡を取ることもございませんので内緒で作成すること自体は可能です。しかし個人情報の取得を行う関係上、内緒ではなくご両親、祖父母に事前の確認をとることをお勧めしております。

  • 7父(母)は養子なのですが、調査できますか?

    可能です。お父様(お母様)の実の両親、養方の両親共に調査できます。

家系調査・家系図作成に関して

  • 1どの範囲の先祖まで判明するのですか?

    家系調査はご依頼者の直系の先祖の戸籍を取得して行い、現在取得できる最も古い戸籍は明治19年の戸籍です。戦後の戸籍は夫婦と子の2世代しか同じ戸籍に入ることはできませんが、戦前の戸籍には「家」を単位として兄弟の子供や孫まで多くの人物が含まれています。そのため、戦前の戸籍からは直系の先祖の戸籍を調査するだけでもたくさんの先祖が判明し、全家系プランを選択し、かつ多いケースでは300人を超える先祖が判明する場合もあります。

  • 2家系図を作る過程で、先祖の職業はわかりますか?

    家系図を作るうえで取得する戸籍に職業が記載された欄はありませんので、家系図作成段階で正確に先祖の職業を知ることはできません。しかし家系図を作った後の当社調査員による実地調査を活用いただくことで、先祖の職業に関する情報がわかることがあります(費用は別途見積)。ご希望の方はお問い合わせ下さい。

  • 3「直系」とはどういう意味ですか?

    祖父母・両親・子・孫と先祖から子や孫へ縦にまっすぐつながる関係を「直系」と呼び、これに対して兄弟やいとこ同士のように両親や同じ先祖を通じて横にまたがってつながる関係を「傍系」といいます。家系図の作成については、直系の先祖の戸籍は取得することができる一方、傍系の先祖の戸籍については取得できません。そのため、傍系の先祖の情報については完全なものではない可能性があります。傍系の先祖の子孫の方のご協力が得られれば、傍系の先祖も含めた家系図を作成することができます(別途見積)ので、ご協力が得られそうな場合はご相談下さい。

  • 4どの位前の先祖まで遡れるものなんですか?

    ご依頼される方の年齢にもよりますが、通常、3~7代前位です。現在取得できる戸籍で一番古いものが明治19年戸籍と呼ばれるものです。この一番古い明治19年戸籍からは、江戸時代末期程度ことまで判明する可能性があります。しかし、災害や戦災等で戸籍が焼失していることもあります。またご先祖の世代交代の時期等の状況より判明する事実は異なってきます。

  • 5家系図の作成期間の目安を教えてください。

    お申込みいただくプランによって異なりますが、概ね2~6ヶ月となります。プランごとの納期は「プラン」のページをご覧ください。余裕を持ったお申込みをお願いしております。記念日・法事等、どうしても間に合わせたい日程がある場合は、お申し込みの際にお申し付け下さい。可能な限り対応させていただきます。

  • 6古い戸籍が取得できなかった場合はどうなりますか?

    廃棄などで古い戸籍が取得できなかった場合は、判明した範囲までの家系図を作成させていただいております。取得できた戸籍が極端に少なかった場合(例:昭和の時代までしか判明しなかった場合等)は、別の系統の調査をさせていただく等の提案をしております。

  • 7家系図のレイアウトはどうなりますか?

    ご依頼者の直系血族とその配偶者及び兄弟姉妹を中心に家系図に記載します。全家系プランを選択した場合は、実親、養親(養子縁組離縁をしている場合を除く)、男系、女系に関わりなく全ての直系血族を遡ります。また、特にご希望がない限りご依頼者を基準とした構成で家系図を作成します。判明した先祖を全て家系図に記載すると、複雑で見づらい家系図となる場合もあるため、臨機応変にバランスよくご先祖を配置します。家系図のレイアウトにつき、ご希望がある場合はお申込時にお申し出下さい。

  • 8自分の知りたくない情報が戸籍から判明することもありますか?

    私たちは、お客様に対し、家系図を通して人生を豊かにしたいとのコンセプトでサービスを提供しています。しかし家系図作成の過程で家族の歴史を辿っていくと、稀に知りたくない情報が判明する場合もございますので、懸念される場合は家系図の作成をお控え下さい。家系図に載せる情報については、ご依頼者様の希望により変更可能ですので、家系調査報告時にお申し出ください。

  • 9先祖に犯罪者が含まれていたこと等が判明することもあるのですか?

    収集する戸籍には犯罪歴は記載されておりませんので、そのようなことは判明いたしません。

  • 10他人に知られたくない事実が戸籍に記載されている場合でも家系図に載せなければいけないのですか?

    載せる必要はありません。家系図に載せる情報については、ご依頼者様の希望により変更可能ですので、家系調査報告時にお申し出ください。

  • 11家系図に入れてほしくない名前は載せないこともできるのですか?

    可能です。事前にお申し出いただければ対応させて頂きます。ただし、真実でない家系図を原因とするトラブルについては対応いたしかねます。

  • 12家紋を家系図に入れることはできますか?

    家紋名または家紋の画像などをお知らせください。ただし、特殊な場合については、対応することができないことがあります。なお、家紋のデータがない場合、図柄の写真等をいただければ有料で家紋を制作することができます。

  • 13自分の家の家紋が分からない場合は調査してもらえるのですか?

    家紋は、ご先祖のお墓や本家に確認することで判明することが多く、当社にご依頼をいただくよりも、ご依頼者様で調査していただく方がより確実である為、当社では調査を承っておりません。

  • 14プランによって、家系調査の内容に違いはありますか?

    家系ごとに過去を遡る範囲に違いはございませんが、プランごとに遡る家系(苗字)の数が異なります。プランについての詳細は「プラン」のページをご覧ください。

  • 15家系とはなんですか?

    家系図の作成にあたっては、「家系」とは「苗字」と同じ意味でご理解下さい。

  • 16どのような方法で先祖のことを調べ、家系図を作るのですか?

    ご依頼者様の戸籍の取得から始まり、各市区町村に保存されている直系のご先祖の戸籍を順を追って取得し辿っていき、その取得した戸籍を正確に読み解くことで家系図を作成します。

  • 17家系図の作成は自分でもできるのですか?

    ご自身でも家系図の作成はできます。しかし家系図の作成にあたっては、全国の市区町村に申請書を書き戸籍の取得を行う技術と、正確に戸籍を読み取る技術が必要となります。間違った家系図を作りたくないと思う方も多く、結果的に当社のような専門業者に依頼するケースが大半です。当社にご依頼いただいた場合と、ご自身で作成される場合の違いについては、「比較表」のページをご覧下さい。

費用に関して

  • 1家系図を親戚に配りたいのですが、家系図のみ追加製作は可能ですか?

    家系図を入れるフォルダ以外の、家系図(紙)のみ追加製作は10枚までは無料で承っております。11枚以上必要な場合はご相談下さい。
    家系図を入れるフォルダは1つ追加につき5,000円の費用を頂戴しております。

  • 2一度申込んだプランを後から変更できますか?

    プランをグレードアップする場合のみ後から変更可能です。家系調査終了時までにお知らせいただくことが条件となりますが、家系図作成に取り掛かった後でも善処しますのでまずご相談ください。

  • 3プランに含まれていない追加料金等はありますか?

    消費税を除いて、追加料金等はございません。郵送費や戸籍取得費用等の実費や雑費についても、プランの料金に含まれていますのでご安心ください。

  • 4料金支払いのタイミングはいつですか?

    家系図作成申込時までにご指定の方法(銀行振込・クレジットカード払い)でお願いしております。

その他

  • 1専門職ではない株式会社でも家系図の作成はできるのですか?

    当社は、法令及び最高裁判例の主旨に基づいて適切に業務を行っております。行政書士が作成する鑑賞用家系図の作成が行政書士法に定める「事実証明に関する書類」にあたるか争われた事例で、最高裁判例(最一小判:平成22年12月20日判決)によると、家系図は「事実証明に関する書類」にあたらないと判断されております。その為、行政書士等の専門職以外のものである当社も家系図を作成することができます。当社の家系図作成の前提となる戸籍の収集等は専門的な能力・知識が求められる為、専属の司法書士・行政書士事務所が行なっております。

  • 2司法書士と行政書士の違いを教えて下さい。

    当社の家系図は専属の司法書士と行政書士が作成に関わっております。司法書士は主に法務局や裁判所に提出する書類を作成する業務であることに対して、行政書士は、官公庁への許認可に関する書類や事実証明に関する書類の作成を行う業務を専門分野としている等の違いがあります。

  • 3戸籍に記載された個人情報の取扱いが心配なのですが。

    家系図の作成にあたっては、高度な個人情報である戸籍の収集が不可欠です。家樹株式会社は、JIS Q 15001に準拠した個人情報保護マネジメントシステムを確立し、一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)によりプライバシーマークが付与されている数少ない家系図作成会社です。さらに家系図作成を監修している司法書士と行政書士にも高い倫理規定と守秘義務が法律で定められているため、個人情報の管理は万全の状態です。是非安心してご依頼下さい。

お問い合わせ・資料請求はこちら

お問い合わせはお気軽に!

0120-755-122

受付時間 9:00~20:00

Instagram YouTube LINE

ページの先頭へ