歴史ある四大姓、「源平藤橘」とは

奈良時代から平安時代にかけて権威を振るった「源平藤橘」をご存知でしょうか。「げんぺいとうきつ」と読むのですが、人名ではなく源氏・平氏・藤原氏・橘氏をまとめた呼び名で「四大姓」とされています。

公家や武家では、現代わたしたちが名乗っているような名字とは別に、朝廷(天皇)から下賜された「氏」を持っていました。それがこの四大姓のような氏で、名字とは違って公式なため「本姓(ほんせい)」と呼ばれています。源氏・平氏・藤原氏は日本史のメインストリートを歩んだの対し、橘氏はちょっと少数派だったのかもしれません。そんな「源平藤橘」をご紹介しましょう。

なぜ源は「氏」で平は「家」? 

まずは圧倒的な存在感がある「源平」について。「源平の合戦」「平家物語」「源氏物語」といった源平に関する史実や物語はあまりにもドラマティックで、内容はともかくタイトルを知らない日本人はいないでしょう。

ここでちょっとした疑問を抱いている方も多いと思います。なぜ源は「氏」で平は「家」なのでしょうか?このモヤモヤも最初に解消させて話を進めたいと思います。

本姓である氏とは、皇族が臣籍、つまり天皇の家来・仕える者に下る「臣籍降下」にあたって下賜された姓でした。天皇や皇族は姓を持たなかったので臣下となる際に「姓」をつける必要があったのです。源姓を名乗った一族はたいへん多かったため、源家の総体として源氏と呼ばれていました。

一方平家とは、政権を打ち立てた平清盛とその一族、さらには仕えている者たちも含めた政権・軍事の一団のことをいいます。そのため、平家の中には清盛らに仕えていた藤原氏や源氏の武士もいたのです。平家とは平氏の中の一部でありながら、平氏以外の外部の者も多くいたというわけでした。

源平宿怨の原因は微妙な格差

源氏も平氏もどの天皇の子孫が臣籍降下したかによって、さまざまな流派がありました。平氏は4流派、源氏においては21も流派があったと言われ、家系図も各流派ごとに作られており、天皇家との関係や女系にまでおよぶと複雑さを極めていたとされています。また、臣籍降下した元皇族の格や天皇との距離によって微妙な力関係が生まれ、宿怨となり戦にまで発展することがありました。

「源平の合戦」に至った両者の宿怨とは、このように臣籍に下りた氏族であるという同等の格による強いライバル関係に因るところが根底にあったとされています。しかし、臣籍降下した皇族は、平氏において天皇の孫以降の代が多かったことから、源氏の方が格上とする見方もありました。このことに因る優越感と劣等感のアンバランスさも、源平両氏の運命を左右したのではないかとされています。

源氏のスター集団は「河内源氏」

「源氏」という姓の由来は諸説ありますが「皇族に『源(みなもと)』を発する」というのが有力な説のようです。起源は平安時代初期、弘仁5(814)年に嵯峨天皇がその皇子・皇女8人に賜って臣下としたのに始まるとされています。

源氏の代表的な流派といえば「清和」「宇多」「村上」「花山」が有名です。上でも触れた通り源氏には21もの流派があったとされているほどその系譜は複雑で、その末裔まで辿ると全国各地に分散しているのかもしれません。

源氏の中でもっとも有名なのは、やはり平家を滅ぼし鎌倉幕府を開いた源頼朝ではないでしょうか。その頼朝は清和源氏の流れをくんでいます。清和天皇の皇子、貞純親王の子、源経基に始まる清和源氏の子孫は摂津・大和・河内・美濃・三河に栄えました。

頼朝は、現在の大阪南部を支配していた河内源氏の出です。ほかにも足利・新田・武田・佐竹といった後の世を賑わす諸氏も河内の流れをくんでいるとされているほど、河内源氏は源氏のスター集団だったと言って間違いないでしょう。詳細は不明ですが、明智光秀は源氏の末裔。武田信玄は甲斐源氏の流れをくんでいますが、徳川家康が源氏嫡流を主張しているのは疑問があるとする説もあります。

平氏と平家は別と考えるのが基本

「平氏」の「平」の由来についても諸説あるようですが、有力なのは平氏4流派の中でもっとも古い「桓武平氏」の祖である桓武天皇が建てた「平安京」に因んだとするものです。その起源は桓武天皇の皇子葛原(かずらはら)・万多(まんだ)・仲野(なかの)・賀陽(かや)の4親王の子孫に平姓が与えられて臣籍降下したのに始まることから平安時代初期、700年代終盤から800年代初頭の頃とされています。

4つの流派は「桓武」「仁明」「文徳」「光孝」ですが、葛原親王の子高見王の子孫である「桓武平氏」がもっとも栄えました。高見王の子高望王の子孫は東国で武士として勢力を張りましたが、平将門による天慶の乱以降衰えてしまいます。それでも高望王の子、良文・良茂の子孫は広く関東一円で「坂東八平氏」と称される武士団を組織して鎌倉幕府の創立に貢献しました。

一方、将門に討たれた国香の孫である維衡は伊勢に勢力を広げて「伊勢平氏」と称され平氏の中心となります。この流れから正盛・忠盛を経て清盛が出て平氏の枠を超えて平家を組織し、保元・平治の乱で源氏を追放すると平氏全盛の時代を迎えることになりました。しかし1185年に「壇ノ浦の戦」で源氏によって滅ぼされてしまいます。

その後、国香の流れをくむ後北条氏は東国に土着し、鎌倉幕府の有力な御家人となって源家将軍が断絶した後には幕府の実権を握るまでに隆盛しましたが、豊臣秀吉の攻撃で滅ぼされてしまいます。結局、桓武平氏の流れでは大名・豪族として残れませんでした。

藤原氏のルーツは神話の世界の神様

続いては「源平藤橘」の中で最大・最古の一族「藤原氏」です。そのルーツは天神地祇であるアメノコヤネノミコトの後裔と伝えられており、まさに神話の世界から続く由緒ある家系です。起源は天智8(669)年に中臣連鎌足が大化改新に尽くした功績を讃えられ天智天皇から「藤原」の姓を賜わって藤原鎌足となったこととされています。

鎌足の子不比等(ふひと)が律令体制を推進し、娘の宮子を文武天皇夫人に、光明子を人臣として初めて皇后に立てて権力を振るいました。その後不比等の子である武智麻呂が南家、房前が北家、宇合が式家、麻呂が京家を開いて「藤原四家」を成立させますが、結局北家が有力となって隆盛していきます。

平安時代以降、摂政・関白・太政大臣を多く輩出し、藤原道長・頼通の頃に全盛期を迎えました。ちなみに、源頼朝に滅ぼされた奥州藤原氏も、忠臣蔵の主人公、江戸時代の赤穂藩家老・大石内蔵助も北家に発した藤太流藤原氏といわれています。

平安末期になると家内の抗争や不和で摂関家が分裂し近衛家・九条家を興し、鎌倉時代には二条・一条が別れ、新たに鷹司家が興って「五摂家」となりました。以後摂政・関白を立てて江戸時代末期に至ります。明治維新後は「五摂家」に次ぐ家格にあった上層公家の多くは華族に、五摂家は公爵に列せられました。

橘氏衰退の原因は藤原氏の陰謀?

「源平藤橘」の最後を飾る「橘氏」。始祖は6世紀後半の敏達天皇とされています。橘姓を最初に下賜されたのは、女帝・元明天皇の子、県犬養(あがたのいぬかい)三千代。文武天皇の乳母を務めた功により、708年に橘宿禰の氏姓を賜り橘三千代を名乗りました。三千代と敏達天皇の後裔である美努王の間に生まれた子、葛城王が臣籍降下した橘諸兄は、橘氏の中で最も有名な人物と言っていいでしょう。

諸兄以降の子孫も橘姓を名乗るようになりました。橘氏の絶頂期は、藤原不比等の息子たち「藤原四卿」の死没後に諸兄が躍進して一気に正一位・左大臣まで昇進したタイミングで735年頃のことです。その後しばらくは、橘氏から公卿を輩出することはなく衰退していましたが、世継ぎした諸兄の子、奈良麻呂の孫娘、嘉智子が嵯峨天皇の(檀林)皇后となると、橘氏は再び地位を上げることができました。

奈良麻呂の孫、常主が約70年ぶりに公卿となり、檀林皇后出生の皇子が仁明天皇に即位すると、嘉智子の兄、氏公が右大臣へと出世を果たします。嘉智子の影響力が及んだ9世紀前半のこの時期が橘氏にとって第二期黄金時代です。9世紀半ばから10世紀後半に掛けては7人の公卿を輩出し、安定した勢力を確保していました。

しかし、983年に亡くなった恒平を最後に橘氏公卿は絶えてしまい、その後は地方に土着するか、衰退の一途を辿り下級官人として細々と家系を継いでいくのに留まっています。

「源平藤橘」の血統を引き継いでいる人は何人いる?

さて、「源平藤橘」の血統を引き継いでいる日本人はいったいどのくらいいるのでしょうか。

もっとも古い藤原氏とそれに次ぐ橘氏は起源から1300年以上、源平でも1200年が経っています。仮に一代を30年とすればそれぞれの起源にいたるまでは40代以上を数えることになるでしょう。単純計算で直系の先祖を20代遡ると104万人、30代遡れば1073万人に、40代遡れば先祖の数は1兆人を有に超えてしまいます。そう考えれば、誰しも自分の先祖には「源平藤橘」のいずれか、あるいはすべてがいて、自分はその血を引いているんだ、と思うに違いありません。

血筋の根拠としては名字に目を向けてみるのもいいでしょう。「『◯藤』という名字は藤原氏の末裔である」という話を耳にしたことがある方も多いと思います。すべてがそうとは限りませんが、重要なヒントとなりそうです。

平安時代の朝廷では藤原氏の一族が席巻していたため、要職ではない庶民に近い藤原氏の者は、拠点とする土地の名前や職業の一文字と「藤」を組み合わせた名字を作ったとされています。例えば伊勢に領地があれば「伊藤」、近江では「近藤」、遠江の「遠藤」、加賀の「加藤」、肥後・備後・越後・丹後・豊後・筑後などの「後藤」、佐渡・佐野などの「佐藤」、武蔵の「武藤」など数多く見受けられるでしょう。

また、「佐藤」は朝廷の職位で上位2番目の「佐(すけ)」から発祥していたり、伊勢神宮に奉仕する斎宮寮を務めたものが「斎藤」となったり、木工寮から「工藤」、修理少進の「進藤」など、職業に由来する「◯藤」も多かったようです。

源氏・平氏・橘氏では、藤原氏の藤のように目印となっている名字はありませんが、特定の苗字がそれぞれをルーツにしていることがわかっています。もちろん明治3年に庶民が名字を持つことを許された際に、名家やメジャーな名字を勝手に拝借するということも多かったので、その名字が必ずしも由緒ある血統を引き継いでいるわけではありません。あくまでも代表的な例ということでご紹介するので、参考にしていただきたいと思います。

「清和源氏」–新田・大島・山名・岩松・脇屋・足利・上野・吉良・今川・畠山・桃井・大崎・石橋・板倉・榊原・細川・佐竹・武田・板垣・小笠原・三好・平賀・加賀美・浅野・明智

「宇多源氏」–佐々木・京極・六角

「村上源氏」–久我・北畠・岩倉・千種

「桓武平氏」–関・長崎・緒方・北條・金澤・名越・熊谷・秩父・畠山・小山田・豊島・葛西・鎌倉・大庭・梶原・上総・千葉・東・三浦・岡崎・杉本・和田・北條・佐原・高井・中條

「橘氏」–楠木・山中・和田

あなたや身近な方の名字もあるのではないでしょうか。ここに挙げたのは、ほんの一例といっていいかもしれません。この機会にご自身の名字のルーツを調べてみてはいかがですか。「源平藤橘」との繋がりが見えてくると、先祖に対する興味も深くなることでしょう。「家系図を作ってみよう」と思ったり「今ある家系図をもっと深掘りしてみよう」と行動を起こしたりするいいきっかけとなるに違いありません。