そもそも家紋って、いったいなに?

あなたは自分の家紋が記されたものを、何か一つでも持っていますか? 「自分が入るであろうお墓の墓石」というブラックユーモアを感じさせるコメントが返ってくるかも知しれませんが、それも正解です。和装をされる方でしたら一般的に、家紋付きの着物や羽織、小物などをお持ちだと思います。

でも、現代の生活で家紋というものは日常的にあまり馴染みのないものなのではないでしょうか。家紋とは先祖から代々伝えられてきた家を象徴する紋章。今風に言えば「家のロゴマーク」です。例えば田中さんは皆同じ家紋というわけではなく、同じ名字でも出身地や家系・家業などによって様々な種類の家紋を持っています。そういったことから、名字以上に家系やルーツを実感できる親しみやすいシンボルと言っていいでしょう。ぜひ大切にして欲しいと思います。

そこで、そもそも家紋とは?という疑問をその起源から、どうやってわたしたちの先祖が家紋を得たのか、といったことまで紹介していきましょう。

家紋の始まりは貴族のファッション?

家紋の起源は、一般的に平安時代の中期から後期とされています。当初は貴族たちが調度品に自分の持ち物の印しとして付けていたのが始まりとされていて、家系を象徴するものではなかったそうです。言ってみればファンション感覚のワンポイントだったのかもしれません。それがいつしか上流階級の中で粋であるとして広まって家の紋章、すなわち家紋として定着していきました。

牛車の胴に家紋を印して都大路を往来したことが世間から羨望の眼差しを浴び、浸透する大きなきっかけとなったという話もあります。平安時代後期には武家社会にも浸透し始めましたが、定着したのは鎌倉時代になってからのことです。合戦が増えてくると戦場で敵味方を区別する目的や、戦勝祈願の縁起物、あるいは戦意高揚の目的で掲げるようになりました。

幔幕、幟旗、馬標、刀の鞘など戦場で見られるさまざまなものに家紋が印されました。こうして戦国時代に至るまでの間に武家社会では家紋がすっかり広まり、同族同士が敵味方に分かれることも多くなると、家紋は爆発的に種類の数を増やしていったようです。

また、武家社会は強烈な権威主義でもあったことから、家紋は格を象徴するものだったと言われています。戦場で功績を上げた者に同じ家紋を付けることを許すということは、兵士にとってこの上ない名誉なことだったと想像できるでしょう。

権威の象徴から庶民の憧れへ

天下泰平の江戸時代に入ると、家紋はまさに武家の権威を象徴するものとなり、例の「この紋所が目に入らぬか!」「ハハ~っ(と言って一堂ひれ伏す)」となったわけです。地方の大名にとっても家紋は格式を表すシンボルとなって、羽織からご老公様の印籠といった調度品にまで家紋が印されるようになりました。

幕府の役人が諸大名の家紋に精通しているのは、公務上絶対必要なスキルであったのはもちろんです。さらには都市の大店、サービス業などに従事する町人にとっても、武士の格式を瞬時に見極めて、それなりの対応をしなければたいへんなことになるわけで、そのために諸大名の家紋をまとめた書物までが刊行されていたということです。

徳川幕府も五代将軍綱吉の元禄年間(1688年~1704年)になると、政治・経済が安定します。それによって町人の暮らしぶりもよくなり、町人文化や上方文化が開花しました。歌舞伎や浄瑠璃、狂言といった現代で言うところの伝統芸能が盛んになり、役者や花街の芸者衆が競うように家紋を付けます。それが浮世絵などで拡散すると、瞬く間に町人の間で大流行したのだそうです。

この頃になると羽織や袴を身につける者も多くなり、武士や役者を真似て家紋を付けるようになります。どんな家紋を付けるのも自由、「紋上絵師(もんうわえし)」なる家紋専門のデザイン業まで登場して引っ張りだこだったそうです。最初はファッション感覚で贔屓の役者や、武家の家紋をアレンジしていた大衆は、やがて武家に倣って家の紋として次の世代に引き継ぐようになっていきます。識字率が現代ほど高くなかった江戸時代にあっては、自分のアイディンティティを視覚的に確認できる家紋の存在は、今以上に貴重なものだったのかもしれません。

名字とともに国民全員が家紋も得た明治時代

封建制が解かれ、明治時代になるとすべての者が名字を名乗ることとなり、家族や家系に対する一体感が強くなりました。初めて本格的な戸籍が編製されたのも明治5年のこと。まだ家紋を決めていなかった者も、名字とセットのように家紋を決め、礼装や墓石などに印したといいます。

明治時代初期にすべての世帯に普及した家紋からは、江戸時代へと繋がる家系が見えてくるはずです。さらに、家紋の紋様をじっくり調べると、暮らしていた場所の大名や領主、昔の職業、あるいは贔屓にしていた歌舞伎役者がわかるかもしれません。どこかロマンを秘めた家紋の由来、ぜひ楽しんでみてはいかがでしょうか。