戸籍と住民票の違い

皆さんは除籍謄本や改製原戸籍(かいせいげんこせき)ってご存知でしょうか?

改製原戸籍の読み方は様々で、「かいせいげんこせき」とも言いますし、「かいせいはらこせき」や、略して「原戸籍(はらこせき)」と言う場合もあります。戸籍の改正により作られるものであることから、改正原戸籍(製ではなく正と)と書き間違えてしまうこともしばしばです。

そもそも戸籍と言うもの自体、あまり知らないと言う方も結構いらっしゃるのではないでしょうか?
例えば、引越しをした際に役場などに届を出す転居届があります。

これは、住民票を移すということになります。

この住民票と、戸籍と言うのは、全くの別物だと考えていただけると良いでしょう。

例えば、大阪から東京に引越しをした場合、東京の役場などに転居届を提出する事によって住民票が移される事になります。いわゆる住所変更ですね。

ただし、この転居届を提出したからと言って、戸籍がある場所が変更になるわけではありません。
戸籍がある場所は、本籍地の住所を管轄している役場などになります。
つまり、住民票の住所と、本籍地の住所は別で考えなければなりません。

この本籍地とされている住所を管轄している役場に、戸籍、つまり戸籍謄本が保管されている事になります。

簡単に言うと、住民票はあなたが住んでいる場所の住所を記載したもの。
戸籍はあなたの住民票の大元の住所のような物だと考えていただければ良いと思います。

ちなみに、この戸籍の住所である本籍地は、日本国中の存在する住所であれば、どこの住所を登録しても良い事になっています。

ですので、中には思い出の場所や好きな場所に本籍地を置いていたり、皇居の住所に本籍地を置かれている方だっていらっしゃるのです。
この戸籍に記載されている事項と言うのは、まず本籍を置いている本籍地の住所に加え、この戸籍の代表者のような方が記されていて、その方を戸籍の筆頭者といいます。

【公式】家系図作るなら家樹-Kaju-|東京・銀座の家系図作成会社

日本の戸籍の特徴

日本の戸籍と言うのは、基本的に個々で考えるのではなく、家族と言う形で表記されている事が多く、住所変更の手続はする一方で、本籍地の変更はその都度するようなものではありません。未婚のまま本籍地の変更(分籍)の手続をしていない方は、ご両親の置いている本籍に戸籍が入っている状態ということになります。

例えば、東京生まれの方が、結婚をする際に戸籍謄本をとろうとして調べた所、お父様が大阪出身であり、本籍地の変更をせずに、大阪の本籍地のままにしていたと言う場合においては、自分の本籍地も大阪になっているままということになります。わざわざ大阪まで戸籍謄本を取りにいくのは大変ですから、郵送にてやり取りを行い、戸籍の請求をする事になります。

話を戻しますが、戸籍には代表者のような方、筆頭者の名前が載っていると書かせていただきましたので、例を上げておきたいと思います。

例えば、山田太郎さんと言う方が代表として戸籍に記されている場合、その方のフルネームが掲載されます。
その太郎さんに妻である花子さんがいらっしゃる場合は、記載は次のようになります。

「山田太郎」

「太郎」さんの項目(生年月日、父、母、続柄【長男】と言う太郎さん自身の内容が記されます。

更に、太郎さんの出生した日や、出生した場所、届出た日、届を出した人など、その方の事についての細かな事項が記載されています。
次に、太郎さんは花子さんとご結婚されていますから、婚姻日や、配偶者である花子さんのお名前、提出された日などが掲載されています。

そしてその次の項目に出てくるのが、花子さん自身の生年月日や、父、母の名前などが掲載されているんです。
つまり、戸籍には、戸籍の代表がいて、その戸籍に入っている人の事が掲載されていると言う事になるわけですね。

意外にも、この戸籍制度を使っているのは、世界中でも珍しく、海外などでは生まれた時から、亡くなるまでの間の事については、個人個人で情報が管理されている事が多いので、家族で載っていると言うのは結構珍しいのです。

【公式】家系図作るなら家樹-Kaju-|東京・銀座の家系図作成会社

除籍謄本や改製原戸籍とは?

次に除籍ですが、この戸籍から除かれたと言う意味合いになります。
戸籍には、その戸籍に載っている人が掲載されていると申しあげましたが、この戸籍から抜ける場合があります。

例えば、婚姻をした為、その方が戸籍から抜けたと言う場合や、亡くなった場合も除籍となります。
そして、その戸籍に載っていた全ての人が除籍となっていなくなった場合、その戸籍は閉鎖される事になります。

その閉鎖された戸籍を請求した時に貰う書面が除籍謄本と言うわけです。
戸籍謄本と、除籍謄本と違いと言うより、戸籍謄本から全員が除籍になったので、除籍謄本になったと考えていただければと思います。

次に、改製原戸籍についてです。
こちらも、戸籍謄本や、除籍謄本とも繋がりがあります。
改製原戸籍と言うのは、簡単に言うと、昔の戸籍です。

途中で改正が行われた為、古い昔の戸籍の名前が改製原戸籍となったのです。
ちなみに、家系図を作る過程でも、はるか昔の先祖を辿りますので、この改製原戸籍を請求する事がほとんどです。

日本には、戸籍法と言う法律があり、その改正が行われる事によって、様式などが変わり、その変わる前に使われていた古い戸籍の事を改製原戸籍と言うのです。

また、改正によって新しく作り変えられる戸籍には、古い戸籍である改製原戸籍の全ての情報を掲載しているわけではないんです。

どういう事かと言うと、古い戸籍である改製原戸籍に除籍の記載がある場合、その戸籍自体には除籍の旨が掲載されていますが、新しく改正された戸籍には、その除籍の事項を引き継がない為、除籍があった事は新しい戸籍には掲載されないと言う事になります。

違いとして考えるのであれば、現在使われている戸籍に掲載されていないものが、改製原戸籍には掲載されている可能性があると言う事になります。

家系図を作る場合においては、基本的に改製原戸籍や除籍謄本まで遡って請求をする必要があると言うことですね!
今ある自分の戸籍では先祖を辿る事ができないからと言う理由だけではなく、省略されてしまった事柄についても、改製原戸籍や除籍謄本の請求によって判明する事があると言う事になります。

いかがでしょうか、戸籍謄本、除籍謄本、改製原戸籍、全て、同じ物のようなもので、実は掲載されている事が違ったりするわけです。

外国のように、生まれてから死ぬまで、その人だけの情報が記された物であれば、かなりシンプルなのですが、日本ではこの戸籍制度が今も使われているのが現状となります。

この戸籍謄本・除籍謄本・改製原戸籍が全国の役場に散らばっているということが、家系図の作成をより困難なものにしているとも言えます。これからご自身で家系図を作ろうとお考えの方は、是非知っておいていただきたいことです。

【公式】家系図作るなら家樹-Kaju-|東京・銀座の家系図作成会社