皆さんのお宅に家系図はありますか?

家系図

家系図とは、その家のご先祖様や、代々つながってきたその家の家族などを表しているものです。

武家の家として代々伝わる家系や、位が高い人が先祖にいる場合は、すでに家系図があり、代々受け継がれていると言う家系も多いと思います。

しかし、ご先祖様がそのようなものを残さなかったのであれば、家系図はゼロから自分で作るしかありません。

もし、あなたの家で家系図を今から作ろうと言う事になると、必ず必要となるのが、ご先祖様や家族の情報が記載されている戸籍です。

さらに、この戸籍を辿っていくことによって一体どれほど昔まで辿る事ができるのか?という所は非常に気になるところだと思います。

戸籍でどこまで辿る事ができるのか

現在閲覧取得できる戸籍の最も古いものは、明治19年の戸籍ですので、最後まで辿ったとすれば戸籍から江戸時代末期までのことがわかることになります。

その戸籍についてですが、2010年より前までは、閉鎖された戸籍(除籍謄本・改製原戸籍)の保存の期間が80年とされていました。

そして、2010年の戸籍法施行規則の改正によって150年間保管するようにと延長されています。

2010年以前の戸籍については、80年となっており、現在に比べて70年もの保管期間に差がありますので、処分されてしまっている可能性もあります。

ですので、家系によっても、ギリギリ残されていたと言う場合もあるでしょうし、すでに処分されていてなかったという場合も出てきます。

現代とは違い、昔の戦前の戸籍では、1つの戸籍に対して父・母・子・孫というように3世代以上の何人もが記載されているものです。

その中に記載されている方々が、亡くなって家督相続が発生したり、分家したり、またはお嫁に出たり養子に出たりする事によって全員いなくなった場合は、除籍謄本として役所に記録が残される事になります。

この除籍謄本に関しても、以前は80年間の保存期間だったわけですから、除籍謄本となったのが、1925年(大正14年)であるのならば、そこから80年後である2005年には廃棄されてしまっている可能性もあるというわけです。

大正時代

戸籍が廃棄されているとは限らない

ただし、ここで早まって諦める必要はありません。実は、この80年と言う保存期間を過ぎていたとしても、案外残されているという事が多いのです。

その背景には、廃棄自体を各自治体にまかせていた為、実際には保存期間を過ぎていても廃棄処分されていないというケースは多くあります。

ですので、自分の所は2010年の改正までに80年過ぎているからといって諦める必要はありません。廃棄されていない前提で、その保管されている役場に戸籍取得の請求をしてみる事をオススメします。

特に、地方に戸籍がある場合については、かなりの確率で処分されていない場合が多いのです。

また、戸籍に記載されている内容というのは、家系図を作る時に必須な材料となるわけですが、もしも廃棄がされてしまっていると言う場合についても、そこまでガッカリする必要はありません。

2010年に改正されたと言う事は、その時点で80年前と言うと、1931年あたりの事を指します。

1931年は昭和6年です。

昭和初期

幕末は、1853年黒船が来航し、翌年の1854年にまた二度目の黒船が来たその年に、日米和親条約が結ばれている為、この辺りが幕末だとされています。

もし、上記の1931年(昭和6年)の時点で、70歳前後である場合は、幕末のお生まれと言う事になりますので、戸籍を確認すれば、そのご両親の名前を確認する事が可能となります。

ですので、廃棄されている場合でも、割と昔まで遡る事ができる可能性があるというわけです。

このような事から、その時何歳だったのか?その当時除籍になっているのか等など、その家系の様々な事情や、廃棄されているかどうかによって、差がどうしても出ますが、資料を残してくれていたら、それは家系図作りをするにあたって有利となり、詳しい情報がもっと記載できる事になります。

戸籍を役場が間違って廃棄してしまう可能性もゼロではありません。破棄してしまい、確認できないという事になる前に、家系図を作りたいとお考えの方については、戸籍に関する書類を全て早めにとっておくという事はとても重要な事なのです。

仮に戸籍にしか先祖に関する情報がなく、その戸籍も廃棄されてしまっている場合は、ご先祖様が歴史の中に永久に埋もれてしまうことにもなります。

また、家系図をご自身で作られる方というのは、昔の戸籍に関しては、解読が難しく時間がかかる場合もあります。

その戸籍の解読が面倒であるから先延ばしにされる方もいらっしゃるかもしれませんが、その先送りにした結果、結局先祖を辿れなくなってしまったという事になっては非常に残念です。

お忙しいと言うようであれば、今すぐ作る必要はありません。

まずは、その戸籍を廃棄される前にとっておくと言う事が重要なポイントなのです。

本棚

戸籍を全て取得するにも、ある程度戸籍の解読をしなければなりませんが、戸籍さえ取っておけば、誤って捨ててしまわない限り、先祖に関する資料として半永久的に残す事ができます。

また、昔の戸籍と言うのは、たくさんの方々が掲載されているケースが多くあり、除籍となって✕印がついていたとしても、塗りつぶされているわけではありませんから、こんな先祖もいたのか。と言う新たな発見をする事もできるのです。

皆さんは、自分が生まれてくる前の代々引継がれてきたその家系について、過去にどのような人がいたのかと思いをめぐらしたことも一度はあるのではないかと思います。

家系図を作る事によって、自分の家族の歴史に関する多くのことがわかります。自分が生まれる前までの血の繋がりや、養子縁組によって、家族が増えているなど、戸籍には書かれている事が多くあるためです。

もし、少しでも興味があり、あなたのお宅に家系図がまだないと言う事でしたら、是非とも一度ご先祖様などの戸籍を取得し、新しい発見をしてみてはいかがでしょうか。

ご先祖様を知る事によって、自分を新たに知ると言う事にも繋がるかもしれません

これで少し、家系図作りに興味が湧いてこられたと言う方もいらっしゃるのではないでしょうか?

ポイントは、現在は150年の保存期間、2010年より前は80年間だった。

しかし、廃棄されずに残っている可能性もある為、廃棄されてしまう前に、戸籍だけでもとっておく、という気持ちが大切です。