戸籍が日常的に活用される場面は減少

戸籍とは日本国民各個人の、生まれてから死ぬまでの出来事を記載した公的な文書のこと。というのは以前にも、このコラムでご紹介しました。

家族集団単位で国民を登録することが目的の制度ですが、戦後になって住民登録制度が開始され、住民基本台帳が戸籍と連携するようになると、日常的に活用される場面は少なくなってきました。ただし、遺産分割の際の相続人特定や婚姻・離婚といった場面、家系図作成などで家系を過去に遡って調査する際に必要となってくる、大切な公文書であることに変わりはありません。

もし戸籍が先祖から一貫して1枚のものであったとしたら、家系の裾野はどんどん広がる一方で、やがては分厚い本のようになってしまうでしょう。

管理する役所は唯一なので膨大な人数となった一族の子孫は、自分の戸籍が必要なたびにその役所から写しを取り寄せなければなりません。役所も戸籍全部の謄本を複製したり、必要な一部分の抄本を複製するのに大変な手間がかかってしまうでしょう。戸籍が一族単位ではなく家族単位でよかったです。

また、戸籍制度には「三代戸籍禁止の原則」というものがあり「親・子」の二代までという原則が民法によって定められています。つまり、結婚などで新しい家族ができるたびに、新しい戸籍が増えてゆくということになるわけです。

そこで、「戸籍の編製」つまり新しい戸籍ができること。それがどんな時なのか、主な例をあげて紹介してまいりましょう。戸籍の仕組みがわかってくると、家系図作りがとてもはかどるようになります。

こんな時に戸籍が新たに作られる

・戸籍の改製
国民側の事情ではなく、法改正やシステム変更などに伴って記載内容や表記が変わることです。以前の戸籍のことを「改製原戸籍」といいます。昭和23年制定以前の戸籍が「昭和改製原戸籍」。昭和23年制定の戸籍で近年電算化が進んでいるために使われなくなったのは「平成改製原戸籍」で、これは150年間保存されることになっています。

・婚姻
結婚、すなわち新しい家族が構成されるわけですから、戸籍を編製します。当事者となる夫と妻は、それ以前の戸籍から除籍となります。よく結婚することを「入籍しました」と言いますが、入籍とはすでにある戸籍に入ることで除籍の対義語となるため、未婚者同士の婚姻の際、法律的には正しくない表現です。「婚姻届を出しました」が正しい言い方です。

・転籍
戸籍謄本にいる者すべてが、現在の本籍地から他の市区町村に移った際に戸籍を編製し、以前の戸籍は除籍というかたちで保存されます。

・分籍
読んで字のごとく戸籍を分けることをいい、分籍届けを出した届出人本人を筆頭者とする新たな戸籍が編製されます。たとえば、子どもが親の戸籍から出たい事情がある場合などです。

・復籍すべき戸籍が除籍されている
離婚などによって以前の氏に戻す際に、復籍すべき戸籍がすでに除籍(誰もいない状態の戸籍)になっていたら、新たな戸籍の編製を申し出ることになります。

・分家
これは、現代では行われていない旧民法の家制度に関わることです。一家の主人である戸主の嫡男(最初の男子)家系によって継承されるのが「本家」であり、次男以下や2番目以下の子が、戸主の同意を得て新たな家を設立して戸籍を継承することをいいます。

・家督相続
これも旧民法の制度なので、現在は廃止された相続形態です。戸主のすべての財産と権限である家督を長男のみが相続し、同じ本籍で新たな戸籍をつくるというものです。

編製以前の戸籍を辿ると、先祖が見えてくる

古い制度によるものもありますが、戸籍には家族のライフイベントが刻まれています。戸籍が編製された痕跡が見つかれば、その前の戸籍を調べることで先祖を知る道は広がってゆくでしょう。

もちろん簡単に出来るものではなく、労力がかかる作業ではありますが、苦労も楽しめる方であれば、戸籍をもとにご自身で家系図を作成してみることもオススメです。