あなたが提出した戸籍は、謄本?抄本?どっち??

皆さんは、戸籍謄本あるいは戸籍抄本のコピーを発行してもらったことはありますか。経験がある方は、それがどんな時だったか覚えていますか。

急に質問されると「あれっ?」と思ってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。以前に発行して、どこかに提出した時からすっかりご無沙汰してしまっていることもあるかと思います。多くの場合、それはパスポート申請の時だったのでは。その時に提出したのは謄本?抄本?どっち?、とまあ意地悪な質問はこのくらいにして、今回は「戸籍の種類」について考えていきましょう。

戸籍とは日本国民各個人の、生まれてから死ぬまでの出来事を記載した公的な文書のことです。

何が記載されているのかというと、

・戸籍の所在場所を示す「本籍」
・「筆頭者」の名前
・「戸籍事項」には新たに作成した編製日に始まって、消除するまでの改製の変遷

が記載されています。

「身分事項」には出生(出生日・出生地・届出日・届出人)、婚姻として婚姻日・配偶者氏名・従前戸籍(一般的には父の名前と本籍)のほか、養子縁組・離婚・認知・氏の変更などが書かれています。「父母・養父母の氏名および続柄」はその名の通りです。「在籍する人の名前」には、その戸籍に入っている人の名前が書かれています。

「戸籍の原本」は本籍のある役所で管理されていて、わたしたちはその原本を直接見ることはできません。そのためコピーを発行してもらうことになるのです。申請する際に役所の人に尋ねると「謄本ですか? 抄本ですか?」と聞かれてしまい、つい一瞬思考停止に陥ってしまうわけです。

では、その違いを見て行きましょう。

謄本と抄本、その違いとは?

「戸籍謄本」とは、発行を申請する戸籍に入っている人すべての情報を丸っと写したものです。つまりすべての事項を写しているので「全部事項証明」と呼ばれます。戸籍謄本をコンピュータ管理している自治体ではすでに「戸籍全部事項証明書」と、「ラーメン全部乗せ」のようにとてもわかりやすい名称に変わっているのです。

一方の「戸籍抄本」は、戸籍に入っている一部個人の事項のみを抜粋して写しています。「個人事項証明」と呼ばれることから、コンピュータ管理している自治体では「戸籍個人事項証明書」という名称になりました。

余談になりますが、離婚経験のある人のことを俗に「バツイチ」といいますが、これは戸籍謄本で離婚して除籍となった配偶者を×で表記していたことに因ります。それが「戸籍全部事項証明書」になると、身分事項のところに「離婚」あるいは「除籍」と書かれるようになり、×という記載は廃止されました。ということからもし離婚しても「バツはついていません!」と前向きに振る舞うようにしましょう。

「全部事項=戸籍謄本」と「個人事項=戸籍抄本」の違いは、必要とされる場面でも現れます。これはまた別の機会にじっくりご紹介したいと思いますが、戸籍謄本は家族間の繋がりを証明しているため、相続など相関関係を証明する際に必要とされることが多いです。一方、戸籍抄本は個人事項の抜粋なので、提出を求められる人の個人的な情報でことが足りる際に提出すれば問題ありません。

紛らわしい「転籍」と「除籍」の違いってなに?

 

おしまいに、ちょっと紛らわしい「転籍」と「除籍」をはっきりさせておきましょう。
「転籍」とは戸籍がある場所、つまり本籍地を移転することです。本籍地と離れた場所に転居して、その地で長く暮らす場合は戸籍証明書を取り寄せる手間を省くために「転籍」するケースがよくあります。ただ亡くなった際に元の戸籍もすべて必要となるので何度も転籍すると、取り寄せるのが大変な手間になってしまいます。

「除籍」には2つの意味があります。ひとつは婚姻によって親の戸籍から除籍して新たな戸籍を作成する場合や、離婚や養子離縁などで戸籍から抜ける場合など。もうひとつは、戸籍の中の人が死亡や婚姻、転籍などによってその戸籍から誰もいなくなってしまう場合、その戸籍自体が「除籍」ということになります。

除籍となった戸籍は150年間保存されることになっているそうです。150年といえば、2018年は明治150年にあたります。その時代のご先祖様の戸籍がどうなっているのか、とても気になりますね。