歴史に詳しくなくても、源平合戦で活躍した「源義経」、幼名「牛若丸」をご存じの方は多いでしょう。義経の父である義朝が平治の乱で平清盛に敗れてから平家の世となり、源氏は歴史の表舞台から遠ざかっていました。

でも源氏の歴史は古く、その系統は多義に渡ります。源氏というと武家のイメージが強いのですが、実は公家として栄えた源氏も数多くあるのです。義経の系譜は、数ある武家源氏に於ける一派の系統に過ぎないのです。

源氏の棟梁である八幡太郎義家と奥州藤原氏の因縁

義経の兄はご存知の通り、平家を滅ぼして「鎌倉幕府」を開いた源頼朝で、武家の源流的なイメージがありますよね。しかし武門の雄として名を馳せたのは、頼朝の曾祖父である八幡太郎義家なのです。

歴史好きの方ならご存知でしょうが、前九年・後三年の役で坂東武者を引き連れて奥州で父の頼義と共に活躍した八幡太郎義家が誰もが認める源氏の棟梁だったのです。そして義家は、奥州藤原三代の礎を築いた立役者でもありました。

そういった縁があったせいなのか、牛若丸は藤原氏を頼って鞍馬から奥州へ渡り、青年期を過ごしています。そして兄の頼朝が平家打倒の兵を挙げると鎌倉に馳せ参じ、源平合戦で活躍することになります。

しかし、兄の頼朝から謀反の疑いをかけられた義経は、再び藤原氏を頼って奥州で匿われるのですが、頼朝が差し向けた兵に追い詰められて非業の最後を遂げました。そしてその後、繁栄を極めた奥州藤原氏は鎌倉幕府によって滅ぼされたのです。

曾祖父が礎を築いた奥州藤原氏を、その曾孫である義経が頼る一方で、兄の頼朝が滅ぼすという皮肉な歴史の因縁があったのです。

前九年後三年の役

奥羽(今の岩手県一帯)を支配していた豪族で蝦夷の長である安倍氏が朝廷への貢租を怠る様になり、反乱を起こしました。安倍氏の反乱に対し陸奥守であった藤原登任が数千の兵を出したのですが、あえなく敗退。

藤原登任は解任され、その後任になったのが河内源氏の頼義でした。安倍氏の長であった頼良は河内源氏の強さを知っており、頼義に恭順の意を表し同音であった頼良という名を頼時に改名しました。

ところが頼義が陸奥守の任期を終えて京に帰還する途中、配下の藤原光貞と元貞が安倍頼時の嫡男貞任による夜討にあったとの知らせが入ったのです。頼義は安倍貞任に出頭を命じましたが貞任が拒否したため、これをきっかけに本格的な戦いが始まりました。

戦いは一進一退の苦戦が続き、一時期は敗退を余儀なくされたのですが、出羽国(現在の秋田県)の豪族であった清原光頼の協力を得て形勢は逆転し、源氏は勝利を納めることができたのです。

その後、清原氏が安倍氏に代わって奥羽の覇者となりました。安倍貞任と共に頼家と戦った藤原経清は捕らえられ斬首されたのですが、その妻で安倍頼時の息女は夫の宿敵であった清原光頼の弟で当主を継いだ武則のもとに嫁ぎました。

そして、藤原経清の遺児である清衡も清原氏に引き取られ武則の養子になりました。しかし、これが後三年の役の火種となったのです。

前九年の役から二十年ほど経った頃、武貞の死後に清原氏で内紛が起こりました。これが、後三年の役の始まりです。この時、義家は陸奥守を拝命して陸奥国に入っており、藤原経清の遺児である清衡の味方をしたのです。この戦いに勝利した清衡が、奥州藤原氏の初代です。

前九年の役は朝廷に対する反乱を鎮圧する戦いなので、それなりの恩賞が与えられました。しかし、後三年の役はあくまでも清原氏の内紛であり、朝廷とは直接関係ないため何の恩賞もなかったのです。

しかし義家は、自分に従って戦ってくれた武家達に自らの財産から恩賞を与えました。これにより義家は、坂東武者を中心にした武家集団から尊敬され絶対的な信頼を得るようになったのです。

坂東武者の力を借りた源氏の挙兵

頼朝が坂東武者にとって絶対的な存在だった義家の曾孫だったからこそ、当事強大な力を有していた平家を相手に関東で兵を挙げられたわけです。

当事、平家に不満を抱いていた坂東武者達が源氏を象徴する八幡太郎の曾孫を神輿に乗せて、平家打倒に立ち上がったという構図ですね。もちろん、頼朝が武家として、そして政治家として非常に有能な人物だったということもありますけどね。

源氏のルーツは天皇家

実は、「源氏」のルーツは天皇家だということをご存知でしょうか。そもそも源氏というのは、皇族が臣下の籍に降りる際に与えられる姓のひとつなのです。源氏の他には平氏・藤原氏・橘氏があり、「源平藤橘」(四姓)と総称されています。

最初に皇子が臣下の籍に降りる際の姓として源氏が授けられたのは、第五十二代嵯峨天皇の親王だといわれています。

源頼朝は清和天皇の系統で清和源氏の流れなのですが、天皇をルーツとする「源氏」という姓には二十一もの流れがあります。そして清和源氏にも幾つかの系統があり、嫡流は酒呑童子や茨城童子などの鬼退治で有名な源頼光の流れである摂津源氏の系統です。

鎌倉幕府を開いた源頼朝は、現在の大阪府の一部である河内エリアを本拠にした「河内源氏」の系統です。歴史的には河内源氏の方が有名になりましたが、清和源氏としては支流で嫡流の摂津源氏の方が格上だったのです。

源氏を祖とする苗字

源氏が本姓でも違う苗字を号する家系があり、それは河内源氏にも多くあります。代表的なところでは、八幡太郎義家の孫である義重を祖とする「新田」、その弟である義重を祖とする「足利」があります。

家格としては嫡男義重の家系である「新田」の方が上なのですが、北条氏が実権を握っていた鎌倉幕府を倒して室町幕府を開いた足利尊氏の家系である「足利」が有名ですね。そして、足利氏の系統にも多くの苗字があります。

※足利市の分派の苗字

矢田・広沢・二木・畠山・細川・櫻井・吉良・今川・一色・渋川・最上・大崎

笹川・稲村・古河・堺

鎌倉幕府では足利氏は執権である北条氏に仕える有力御家人でしたが、河内源氏の系統である自負があるので、何時かは北条氏を倒して源氏の世を復活させたいという思いがあったのでしょうね。

その他にも、義家の兄弟である義綱と義光の子たちが、「平賀」、「武田」、「佐竹」、「石川」といった苗字を号しています。この中で「武田」は甲斐源氏の系統で、あの武田信玄の家系です。つまり、武田信玄は河内源氏の系統で名門の家柄ということです。

桶狭間で織田信長に敗れた駿府の今川義元や赤穂浪士の敵役だった吉良上野介も、元を辿れば源氏の系統ということになります。

時代を遡ると、義家の父である頼義の兄弟を祖とする「井上」、「村上」という苗字があります。河内源氏の他には、三河源氏の「浦野」、信濃源氏の「三浦」、そして大和源氏の「宇野」、摂津源氏の「多田」などがあります。

一見、源氏とは関係ないように見えても、その系統には様々な苗字があるのです。もしご自分の苗字がこれらの中にあるのなら、もしかしたらご先祖様は源氏かもしれませんよ。特に昔から続く古い家柄だったら、その可能性は十分にあります。

土地に根ざした家系であれば尚更その可能性が高いのですが、居住の自由が認められるようになってからはご先祖とはまったく違う土地に移り住んでいることもあります。古い年代からの家系図があるお宅もあるでしょうが、昔は家系図を捏造する例も多くあったとか。

自分で菩提寺や戸籍を調べる方法もありますが、改めて専門家に依頼して家系図を作り直してみるのも良いかもしれません。もしあなたが源氏の末裔だとしたら、遠いご先祖様は天皇家ということになります。