家系図作りはとても地道で難解な作業

ある日、思い立って家系図を作ってみようと腰を上げます。まずやることと言えば、真っ白い紙を広げてセンターの下方に自分の名前を書いてみることでしょう。

続いては兄弟や両親のこと。だいたいの場合、名前はもちろん生年月日まではソラでスラスラと書けるものです。さらに両親の兄弟姉妹ということになるわけですが、名前はわかっても生年月日までは知らないケースが多くなってくるのではないでしょうか。

自宅で出来る作業
そのあたりは両親に確認しつつ進めて行くのもスムーズです。どうしてもわからない細かい情報はとりあえず空欄のままにしておいて、一つずつ上の世代へと遡ってみます。自分から見てお爺さん・お婆さんの世代、さらにはひいお爺さん・ひいお婆さんの世代ということになります。ひいお爺さん・ひいお婆さんはそれぞれ4人、合計8人いるわけですから、徐々に情報も怪しくなってきて、手書きの家系図は空欄が多くなってしまいました。

最初のステップとして自宅でできる作業としては、ここまでとしましょう。家系図作りの醍醐味はこれからです。戸籍をたどり古文書を読み解く、それはとても地道で難解な作業になるかもしれません。何度となく壁に当たって挫折しそうになることもあるでしょう。

それでも、後には引けない意地のような感情も芽生えてくるはずです。初心に還って「未だ知らないご先祖様との出会いを楽しみたい」という思いを大切に、じっくり楽しく取り組んでいっていただきたいと思います。

家系図作りは自分を成長させてくれる

そんなわけで、今回は「楽しく家系図を作るために大切な心構え5つ」をご紹介します。""楽しむ""ためのポイントを胸に秘めて、ご先祖様に出会う長旅をスタートして下さい。

①先祖に感謝しながら取り組もう
当然のことではありますが、ご先祖様に対する感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。今ここに自分があるのはご先祖様のお陰です。

ある時は戦乱、またある時は大災害に見舞われてお家断絶の危機があったかもしれません。それをなんとか凌いで現代に家を繋いできてくれたのです。ご先祖様が一人でも欠けたら自分は生まれなかったのだ、という思いを持ち続けて家系図に向き合っていきましょう。

②家系図作りはなによりの先祖供養
2016年に他界した放送作家でタレントの永六輔さんは「人は二度死ぬ」という名言を遺しました。「最初の死は医学的に死亡診断書を書かれたとき。最後の死は死者を覚えている人が誰もいなくなったとき」。ご先祖様にとって同じ時代を生きた人はもう誰もいないのですが、きっと「こうして私のことを知ろうと努力して調べてくれるのは大変ありがたいことだよ」という言葉が聞こえてくることでしょう。

③古い字の解読も勉強だと思おう
戸籍調査を進めてゆき、明治以前の古いものになってゆくと、判読不明のスパイラルに陥ることになるでしょう。今の漢字に似ているけど、異体字や難字といった不思議な漢字に旧字体、ひらがなもさまざまな漢字をルーツとする変体仮名が、これでもかというくらい出てきます。しかも手書きなので、当時の役人の癖字に悩まされることも多いでしょう。

研究者の気分を味わえるのも醍醐味
それらを解読するのは楽しみであり、勉強になることだと思うことが肝心です。今はネット上である程度探ることもできますが、国会図書館のような場所で調べないとわからない局面もあります。研究者の気分を味わうのも楽しみの一つだと思って取り組んでみてください。

④家族の歴史と日本の歴史を感じながら取り組もう
幕末~明治維新の頃家族は日本のどこでどんな暮らしをしていたのだろうか。たとえばそんなことを考えながら家系図作りに取り組むと、ワクワクするのではないでしょうか。家族の一人一人も日本の歴史の一部としてシンクロしていたはずです。もしかするとご先祖様は、大きな歴史の舵取りに影響を与える存在だったのかもしれません。

⑤先祖を探す宝探しのような気分で楽しもう
古い戸籍を紐解いて、ご先祖様に出会えた瞬間は天にも昇るような高揚感が得られるはずです。その姿はわからなくても、自分を守ってくれていた一人には違いありません。この瞬間の喜びを持ち続けて取り組めば、家系図作りの長旅もきっと楽しくなります。

行き詰まったら専門業者に

いかがでしたでしょうか。もし、途中でご先祖様をたどる道が途切れたり、難解な一文字に悩まされて先に進めなくなったとしても、その時は専門の業者に頼んでもいいんだ、という気持ちで、肩の力を抜いて家系図作りに取り組んでみてください。家系図作成はとても根気がいる作業ですので、そこまで頑張れたことを、褒めてあげていいと思いますよ。