優れた経営者になる人の人物像とは?

企業のトップに立つ経営者とは、何か人とは違った特別な資質を持ち合わせているのではないかと思います。事業の舵取りとなる強い決断力やリーダーシップを発揮する能力といったものを持ち合わせているということはもちろんでしょう。

それと併せて、株主・役員・取引先・社員からの信頼と人望がなければその座が務まらないこともよくわかります。優れた経営者になる人の人物像とは? それを探ってみようと思ったところ、興味深い2冊の本に出会ったのでご紹介しましょう。

家系分析で人生は好転する
1冊目は、天明 茂『なぜ、うまくいっている会社の経営者はご先祖を大切にするのか』(致知出版社 2015年)です。

公認会計士でもある著者によるこの本には「家系分析をすることで、人生が好転する」ということが書かれています。具体的には、まず家系図を作成し、三代前までの祖先を知ることから始めます。つまり自分から見て曾祖父母。4人の祖父母の両親ですから8人。それぞれの人生、人となりをじっくり調べてゆくことが大切だとしています。そしてわかったことをしっかりと受け入れ、見つめることで人間性が高まり、やがて人生観が大きく変わってくるのだそうです。

先祖を知るということは、すなわち先祖の徳を讃え感謝すること。また、先祖の苦しみや悲しみを自分のこととして共有すること。さらに先祖が苦労したことは反面教師として繰り返さぬよう努力を重ねることに繋がる、ということを教えてくれます。曾祖父母の人生を見つめることによって、8人のご先祖様に見守られているような感覚になるのでしょう。

さらにその家系をたどって遡れば、たくさんの先祖に出会えることになります。「今、自分があるのは先祖のおかげ」と思えることができれば人間性は高まり、子や孫の世代へ続いてゆく家系を守ろうという気持ちに繋がります。また経営者として舵を握る企業においても、従業員・従業員の家族・取引先・株主を大切に思う気持ちは一層大きなものとなることに間違いないでしょう。

日本独特の宗教感覚で先祖を大切に

2冊目の本は、一条真也『なぜ、一流の人はご先祖さまを大切にするのか?』(すばる舎 2017年)です。

1冊目にご紹介した本のタイトルとよく似ていますが、どうもここ数年の出版業界におけるビジネス書の流行なのだそうです。が、今回ご紹介している2冊における「一流の人」「うまくいってる人」とは、単に経済第一主義で企業を牽引し、金銭的な豊かさを勝ち取った成功者ではなく、「高い人間性を持ち、尊敬される人物」のことを言っているのをご理解いただきたいと思います。

先祖を大切にすることで自分を高める
著者は作家であり、冠婚葬祭の会社を経営しつつ日本人の宗教意識や倫理観についての言論活動を続けてきました。そういった経歴から、日本人が持つ独特の宗教観をもとに「ご先祖さまを大切にする」という気持ちを行為として表すさまざまな方法を紹介しています。興味深い記述では、「常にご先祖さまに見守られているというプレッシャーが良いエネルギーを引き出す」「ご先祖さまを敬うことは初期化すること。何のためにこの仕事をしているのか。何のためにこの会社が生れたのかを自問自答すること」「人は一代だが、名は末代と心得る」といったことがありました。

家系図や名字を調べることも先祖を大切にする行為の一つとしてあげられています。先祖は目に見えぬ存在のため、神棚や仏壇を設けて向き合う対象物とすることも薦めていますが、ここは読み手それぞれの宗教観に則ればいいでしょう。一貫してとてもシンプルなことばで書かれており、先祖を大切にする行為がどのようにして自分を高めてゆくのかがわかりやすく伝わってきます。

先祖を語れることはカッコいい!

後の世にまで語り継がれる一流の経営者とは、先祖のことをよく知り大切にしていた、ということが2冊の本からもよくわかってきます。

こういう人たちはきっと「自分の曾祖父にこういう人がいて、こういうことをしていたから今の自分があるのですよ」というようなことを、サラリと言うことができたのでしょう。自分の先祖を語れるということは、人間力があり実に格好いいものだとは思いませんか?

人間性が高く尊敬を集める人は、なるべくして企業の先頭に立って引っ張ってゆける経営者になるのです。今からでも遅くはありません。家系図を作るなどして、まずは「ご先祖さま」を知ることから始めてみてはいかがでしょうか。