NHKで放送が行われていた、ファミリーヒストリー。
一度は観たことがある!と言う人もいるのではないでしょうか?

2008年よりNHK総合テレビジョンで放送されている人気のテレビ番組です。

この番組は、ゲストの家族の歴史について徹底的に取材を行い、ゲストに呼ばれているゲスト本人も知らなかったような家族の秘話などを紹介しています。
ゲストには、毎回著名人が招待されており、普段からあまりテレビを観ない方でも、名前は知っているような有名な方々がゲストに招かれています。

そのゲストが、自分の知らなかった家族の歴史を知ることで、何を感じて何を語るのか?
そして家族の歴史を知ることで、家族の絆を見つめ直したりする事ができます。
またゲストだけでなく、視聴者にとっても、家族との関係を見つめ直したり、自分の家の歴史を知りたい!と思わせられる内容となっています。

 

ピース又吉直樹さんのルーツを知る!!

全ての紹介ができない為、ここでは2013年に放送された、お笑いコンビ、ピースの又吉直樹さんについて振り返って中身を解説していきましょう。
この又吉さんの放送は、又吉さんが第153回の芥川賞を受賞した事に伴い、2015年にもアンコール放送された番組内でも人気の放送回になります。

又吉さんの放送回の題名は「ハワイに渡った祖父の軌跡」です。
放送内容は、又吉さんのルーツから放送されて行きます。

又吉さんの祖父は「宝善(ほうぜん)」さんと言い、宝善さんは、又吉さんのお父さん方の父となります。
又吉さんは、大阪の寝屋川市で生まれ育ちましたが、宝善さんは昔ハワイに住んでいた事があり、英語が話せると言う事を聞いていたそうです。

宝善さんが生まれたのは1907年でしたが、生まれた時父はおらず、外務省の古い資料にその手がかりがありました。
「海外旅券下付表」に1906年に宝善の父はハワイへ出稼ぎに行っていた記録が残っていたのです。
父が居なかった為、宝善さんはお母さんに育てられ、1924年16歳で、ハワイにいる父を頼って海を渡られました。

ハワイに移民した人は2万人とも言われ、現在でもその方々の子孫が沢山ハワイに住まれています。
現在の日本では、移民と言う言葉は、あまり聞き慣れない言葉になってきましたが、昔の日本人は、このように、出稼ぎをする為にも海外まで足を運ばれていたんですね。

当時、サトウキビの大きなプランテーションがあり、宝善さんの父はそこで働いていたそうです。
安い賃金に劣悪な労働環境の上、日本人の中でも沖縄人と言うだけで風当たりが強かったそうです。
外国人を差別したりするのは、今現在の世の中でもありますが、日本人同士でも差別のような事をすると言う事実は悲しい事ですね。

 

祖父宝善さんのハワイでの生活

そんな環境下で又吉さんの祖父である宝善さんは、どのような生活をしていたのでしょう。
ホノルルにある図書館に住所録が残っており、そこにはコックだったと記載されています。
一足先にハワイを訪れていた宝善さんの兄が小さなレストランを営んでおり、英語が話せない宝善さんは皿洗いから仕事を始め、英語を勉強していったそうです。

様々な苦労の中で、日本人同士の仲間で助け合いながら生活を送られます。
そして、記録には残っていませんでしたが、宝善さんは、アメリカ人女性との間に子供を持ったようです。

ですので、又吉さんの祖父には、又吉さんの祖母と結婚する前に子供がいたと言う事になります。
しかし、その子供は2歳で亡くなり、その後しばらくして、頼りであった兄も35歳の若さで亡くなります。
その事などは、宝善さんが残された記録に残っていたようです。
現在で言う過去帳のような物でしょうか。

その後沖縄に帰る為、宝善さんはパン屋さんで働き、お金を貯めます。
その時の写真が番組の取材によって見つかり、映像を観ていた又吉さんを含めたご家族から歓声が上がり、感動に包まれました。
又吉さん自身もこの写真を見て、本当にハワイにいたんだなと認識して喜んでいました。

 

太平洋戦争と家族への想い

1941年、真珠湾攻撃が行われ、太平洋戦争が始まりました。
その頃、宝善さんは沖縄に戻られており、戻ってから2年後13歳年下の女性との結婚の話が持ち上がります。
この女性が、又吉さんの祖母にあたる方となるわけです。

いや~、ここまで観ても、考えさせられるものがあります。
人には歴史があるんですね。

その後、戦争によって、宝善さんも、命の危機に晒されます。
追い詰められ、集団自決をする人々がいる中、生まれたばかりの子供が頭をよぎり、「生きたい」と強く願います。

命の危機が迫っている中、宝善さんのいる壕の中に身を寄せていたのは15名。
アメリカ人が大きな声で呼びかける中、英語がわからない人々は怯えていましたが、宝善さんはハワイの生活経験から英語が理解でき、投降(とうこう)の呼びかけである事を理解します。

投降と言うのは、戦いつづける事を諦めて降参する事を意味します。
宝善さんは壕から出て英語で会話をし、その事によってその壕にいた方は、殺される事なく命を助けられたのです。

不思議ですよね、宝善さんは、この日が来る事を知らずに父や兄を頼ってハワイに渡り、必然的に英語を身に着け、その事により、助かったのです。
ただ、悲しい事に、終戦を迎える前に病気にて最愛の息子を亡くし、亡くなる時に立ち会えなかったと言う悲しい事実もそこにはありました。

その後、英語が話せると言う事で優遇され、基地の中で働く事になります。
しかし、そこで働いていると、中々家族との時間をもてません。

その後、すぐに子供が生まれた事をきっかけに、家族との時間を大切にする為、基地の仕事を辞めて農業の仕事に変えたそうです。
大切な子供や、兄などを次々と亡くし、辛い経験があった宝善さんですが、本当に家族の事を大切に思われていた事がわかります。

また、農業でサトウキビを育てていた宝善さんは、収穫の時に手伝ってくれた方々の名前も全て記録していました。
更に、不幸があった家には1番に駆けつけられたそうです。
この事からも、宝善さんの人柄がとても温かい事が伺えます。

その後、又吉宝善さんは、亡くなられます。
享年75歳でした。
ここに、又吉宝善と言う1人の人生の幕が閉じられます。

私の親族ではありませんが、このような番組を観たり、人の人生を知ると、なんと言っていいのか・・言葉につまりますが。
人には、その人の深い歴史があり、思いがあると言う事を痛感させられます。
そして、深い感動に包まれます。

NHKのファミリーヒストリーは、このような番組の構成になっており、様々な方の家族の歴史について紹介している番組です。
家樹が家系図をとおしてお客様に提供したい体験もこのようなもので、「個人版ファミリーヒストリー」ともいえます。
とてもよい番組ですので、是非NHKの「ファミリーヒストリー」をご覧になってみて下さい。