自分のルーツを知りたい!

今「ルーツ探し」に静かなブームが来ているのかも知れません。
NHKの人気ドキュメンタリー番組『ファミリーヒストリー』では、有名人の家族の歴史を番組スタッフが探り、その結果を初めて見せられるご本人の驚きと涙、感動に包まれる結末が待っています。

自分のご先祖様はいったいどんな人生を歩んできたのだろうか。
そこには番組さながらの大きな歴史ロマンが秘められているかも知れません。

この番組を観ると誰しも自分のルーツに対する好奇心が大きく膨らんでくるのではないでしょうか。

そこでまず、見てみたくなるのが家系図です。
自分を起点に父母の世代。さらに祖父母の世代、もう一代遡って曾祖父母の代。このあたりからだんだん記憶や記録がおぼろげになってゆくでしょう。

その先は戸籍・除籍謄本を取り寄せることで、だいたい100年から150年くらいまでは比較的簡単に辿ることができます。

さらに、という方は、書類を取り寄せるのに条件が厳しくなったり手続きが煩雑になったりしますが、直系の本家で尋ねたり、菩提寺の過去帳なども探ったりすれば、さらに深堀りができることもあります。

さて、ご先祖様のあらましが見えてきたら、さっそく家系図に書き起こしてみましょう。

歴史の教科書に載っていたようなカチッとした図も趣があっていいのですが、ここはもうちょっと見やすくて、親しみが持てるような現代版家系図にしたいところです。

もちろんPCやスマホでも見られるようなデータ版がいいでしょう。
スマホで「家系図」と検索すれば、いくつか出てきました。それぞれデザインや使いやすさなどで一長一短あるようですが、今回は「家系図アプリ」のいろいろをご紹介します。

おすすめのアプリ5選

1.『無料 家系図 by 名字由来net』無料アプリ App、Android対応

会員数が10万人を突破している、日本No.1家系図アプリだそうです。スマホのタッチパネルで直感的に家系図が作成することが可能で、画面上の好きな位置に人物を移動でき、50名まで無料で登録できます。プレミアム会員(月額税込198円)に登録すると「遠縁お知らせ」機能が使用でき、ご先祖様や遠縁の親戚と繋がることができるのだそうです。

さらに「みんなの家系図Web版」とデータの共有ができるのも嬉しいところでしょう。Androidは「みんなの家系図」と「無料 家系図」の好きな方を使えます。

2.『FamilySearch - ツリー』無料アプリ App、Android対応

海外発のアプリ。11カ国語と多言語対応がされ、全世界的で100万ダウンロードを突破しているアプリです。写真やストーリー、音声データなど家族の思い出を保存することができます。先祖についての情報や文書、ストーリー、写真、音声・映像記録などを見つけることができるとありますが、日本では歴史が浅いため、まだまだこれからではないでしょうか。

3.『家族の系譜【安心安全の定番家系図アプリ】続柄もバッチリ表示!』無料アプリ Androidのみ対応

類似アプリ最大の83人まで登録可能。続柄や親等数を表示してくれます。家系図は画像として保存できるので、紙へのプリントも可能です。登録された大切な家族情報などは端末内にのみ保管されるので、セキュリティ的にも安心です。家系図以外の機能としては、和暦西暦変換、厄年、干支、日の出・日の入り、月齢、六曜、二十四節気、七十二候を知ることができるので、暦アプリとしても活用できそうです。

4.『名字由来net』無料アプリ App、Android対応

『無料 家系図』と同じく、Recstu Inc.が配信するアプリ。「名字のルーツ」「名字の読み」「名字ランキング」が検索できます。機能の一部として家系図も作成できますが、その際には無料会員登録か、プレミアム会員登録が必要となります。

5.『つくれる家系図2』無料アプリ Androidのみ対応

株式会社 筆まめが配信。PCソフト『つくれる家系図2』ユーザーのための便利なアプリで、PCとのデータのやりとりが簡単。親戚の集まりなどで閲覧して編集することができます。慶弔・記念日が近くなった際に、メールで通知するサービスもあります。

番外編

『未来家系図 つぐme』無料アプリ App、Android対応

街づくりと街に住む一族を繁栄させる育成シミュレーションゲームです。友だち同士でキャラクターを婿に出したり、嫁にもらったりと、協力して理想の一族を作り上げることができるゲームです。

気に入ったアプリはありましたでしょうか?
家系図を作れるアプリも様々なものがあるということがご理解いただけたと思います。家系図のあり方も時代に合わせて変わっていくものなのですね。
気に入ったアプリは気軽にダウンロードして使ってみることをオススメします。