今巷で話題のアルバム・写真デジタル化。気になっている方も多いのではないでしょうか。バラ写真であればご自身で家庭用のスキャナーを活用してスキャニングすることも可能ですが、分厚いアルバムをきれいにスキャンすることは一般の方には難しく、さらにフィルムをデータ化するためには専用のスキャナーが必要になります。また、数が多ければ時間も手間もかかってしまい、作業を途中で投げ出してしまうことにもなりかねません。

そんな問題を解決してくれるのが写真スキャン業者のデジタル化サービスです。専門業者ならではのノウハウと設備で、大量の写真を傷つけずに効率的にスキャンしてくれます。さらにスキャンしてくれるだけでなく、様々なオプションが用意されていたり、専用のアプリに無料で写真を格納してくれる便利なサービスを提供している業者もいます。

今ではSNSで写真をシェアしたり、スマートフォンで写真を手軽に持ち歩ける時代になったため、昔に比べれば写真が生活に密着したより身近なものになっています。さらに近頃では断捨離や終活、片付けブームの流れもあり、年々業者が増えてきているのです。

写真のスキャンは一生のうちに何度も行うことはないことですから、業者に頼もう!と思っても、一体どの位費用がかかるのか、どんな業者に頼めばいいのか、さっぱりわからない方も多いのではないでしょうか。

そんな方のために、この記事ではアルバムや写真のスキャンを業者に依頼する場合、どのようなサービスがあるのか、国内で主要な10業者を徹底比較し、選び方のポイントをメリットと合わせて詳しくご紹介いたします。

写真のスキャンって本当に必要?

写真の整理

ご自宅やご実家の押し入れにしまったままの古いアルバムは、そのままの状態でも楽しく眺めることができるので、別にスキャンしなくても大丈夫!と考えている方も少なくないと思います。そんな方へ向けて、スキャン・デジタル化のメリットを一度整理しておきましょう!

写真のデジタル化のメリット

1.家のスペースが節約できる!

アルバムや写真はきっと家の押し入れや引き出しの中にしまってあるはずです。家の中に十分なスペースがある場合は気にならないかもしれませんが、実はものを置くスペースにも見えないコストがかかっています。広い一軒家を出て、都市部のコンパクトなマンション等に引っ越しをするときは、アルバムの入ったダンボールの置き場を確保することに腐心することになってしまいます。

人生の終盤には慣れ親しんだ家を出て、老人ホームや介護施設に入居するケースもあり得ます。そんなときがもし訪れたら、かさばるアルバムが入ったダンボールは持っていくことができず、思い出の詰まった写真を二度と見返すことができなくなってしまうでしょう。

写真を画像として家族で共有しておけば、自分が亡くなった後でもきっと家族が大切に保存してくれるはずです。写真のスキャンは、そんな余裕のあるスペース作りに抜群の効果を発揮してくれる、実用的な選択になります。

2.写真の劣化が防げる!

紙焼き写真もフィルムも、時間が経てば経つほど、色があせてしまったりカビが生えたりなど、放っておけば自然と劣化してきてしまうものです。そして一度失われた写真たちは、二度と元には戻りません。二度とその写真が見ることができないということは、二度とその当時の風景を思い出すことができなくなってしまうことを意味します。

日本では天災に対する対策も十分に考えなければなりません。最近では家が被災して家族の思い出も同時に失われてしまった、という非常に残念なケースも増えてきています。

写真をデータ化してオンラインのクラウドストレージ等に保存しておくだけで、そんな万が一の大切な思い出が失われてしまう最悪の事態を未然に防ぐことができるのです。

3.色々な用途で利用できるようになる!

最近は自分史やオリジナルフォトブックを作る方も増えてきています。写真は文章に比べて情報量が多く、一目で当時の状況や人の表情が伝わる便利な素材なので、オリジナルの自分史や家系図作りには必須のものといえます。

さらに写真を画像にしておけば、今流行のSNSにも気軽に投稿・シェアできるようになります。家族の連絡用のLINEでシェアしたり、自分の幼少期のカワイイ写真をSNSでシェアすれば、きっとたくさんの「いいね!」がもらえるはずです(今の見た目はさきおき…)!

このように、写真をデータで保管しておくことで、必要なときに必要なだけ利用できるようにしておけば、そのうちきっと「デジタル化しておいてよかった!」と思える瞬間がやってくるはずですので、是非チャレンジしてみて下さい!

デジタル化で写真の持つ価値をもう一度見直そう!

写真は一目見るだけで当時の思い出を蘇らせてくれる大切な資産です。また、写真は撮ってすぐ見るとき、10年後に見るとき、30年後に見るときで、そのとき自分が何を思うかも変わってくる不思議なものでもあります。さらに自分だけでなく家族全員で楽しむことができます。

そういった意味でも、大切な写真やアルバムは押入れの奥に大切に保管しておくだけではなく、いつでも気軽に見られるようにデジタルデータとして管理しておくことで、その写真の持つ価値や楽しみを何倍にも高めることができます。

家系図作りは家族の歴史を辿り残すために、写真のスキャン・デジタル化は家族の思い出を残すために、とても大切です。ご自身で家系図を作り終えた方も、写真のスキャンをして家系図と組み合わせて写真を含めた楽しい家系図を作ることもできるようになります。

つまり、写真のスキャン・デジタル化は、今持っている写真の価値を何倍にも高め、色褪せない家族の資産に変えてくれる、未来に向けた大切な手続といえます。スキャンするかどうか迷っていた方は、この機会に是非取組んでみて下さい!

写真スキャン業者|主要10社を徹底比較!

比較する

スキャン業者の2分類

国内に多く存在する写真スキャン業者ですが、大きく2つに分類できることをご存知でしょうか。その分類とは、以下のようなものです。

1.店舗持ち込み形式

実際に店舗に自分で写真を持ち込み、スキャンの依頼をするタイプです。今まで写真の現像サービス等を手掛けてきた老舗かつ大手企業が既存の店舗を活用しながら提供しているサービスです。店舗の窓口で依頼できるので安心がありますが、ご自宅の近くに店舗がないと依頼できないことや、家から写真を持ち出す手間がかかってしまうので、少量の写真をとりあえずスキャンしてもらいたいときに活用したいサービスといえます。

2.オンラインサービス

オンラインサービスは、家から写真・アルバム・フィルム等を郵送して、業者の工場でまとめてスキャンしてもらう効率的なサービスです。家から持ち出すのが大変な大量のアルバムのスキャンをしたい場合はオンラインサービスがオススメです。店舗がないので、窓口で相談はできないかわりに固定費が抑えられており、比較的低価格でコストパフォーマンスに優れています。写真は郵送で送るので、当然ながら全国各地からの依頼に対応していることも特徴です。

店舗有タイプのスキャン業者

最初に、店舗有タイプのスキャン業者からご紹介していきます。誰もが一度はお店に足を運んだことがあるであろう、老舗大手企業が多いのが特徴です。

カメラのキタムラ

アルバム、紙や写真、ネガフィルムなどをCD、DVDに保存できます。ビデオカメラやビデオテープなどの動画データにも対応しています。

例えば、「アルバムそのままDVD/フォトブック」では、アルバムをページごとにデータ化してテレビで見られるDVDに保存してもらえます。

おすすめ度:★★★★☆

  • 大手企業の安心感
  • 店舗で申し込める手軽さ
  • フォトブックがセットになっている

▼カメラのキタムラ▼「写真デジタル化・データ保存サービス」
http://www.kitamura-print.com/data_conversion

フジカラーのお店

富士フイルムのお店でアルバムやフィルムなどのDVD変換サービスを提供しています。

例えば、フジカラーリメイクサービス「アルバムをDVD」では、写真アルバムを、DVD2枚とフォトアルバムにしてくれます。富士フイルムの場合、オンラインでもデータ化サービスを展開しているのも特徴です。

おすすめ度:★★★★☆

  • 老舗大企業であることの安心感
  • 店舗で申し込める手軽さ
  • フォトブックがセットになっている

▼富士フイルム▼「写真を変換する(フジカラーリメイクサービスほか)」
https://fujifilm.jp/personal/print/conversion/index.html

写真・印刷の45プリントプロ

フィルム、紙焼きをデータ化し、CD-R / DVDへの保存サービスを提供されています。

おすすめ度:★★☆☆☆

  • アルバムのデータ化サービスはなし
  • 店舗で申し込める手軽さ

▼写真・印刷の45プリントプロ▼
https://www.45color.co.jp/photo_print_service/cddvd

オンラインサービス業者

次はオンラインサービス業者をご紹介します。データ化したいものがたくさんある場合は、オンラインでサービスを提供している業者がオススメです。アルバム原本を宅急便でやりとりできるだけでなく、店舗に比べて価格がリーズナブルに設定されているサービスもあります。

また、オンライン納品や独自のアプリの提供など、オンラインサービスならではのオプションがあります。オンライン業者をうまく活用することで、効率よく低価格で写真のデジタル化ができるはずです。

スマイル・シェアリング

スマイル・シェアリングは「デジタル・アーキビスト」の有資格者によるスキャンサービスを提供しています。

A4サイズ以内で表面が平面であれば、日記、手紙や年賀状、子供のお絵かき、新聞の切り抜きなどもデータ化してもらえます。「お客様の声」の評判もよく、店長さんが丁寧にコメントされています。

おすすめ度:★★★☆☆

  • 色あせ補正・タテヨコ合わせなど品質へのこだわり
  • ホームページ上の丁寧な対応から感じる安心感
  • アルバムの写真ごと、ページ全体のスキャンは別料金

▼スマイル・シェアリング▼
http://smile-sharing.co.jp

アルバムコンシェルジュ

卒業アルバムのページスキャンは1冊40ページ1,000円と、大変リーズナブルです。

その他、大きなサイズの絵画やイラストの精密な貼り合わせ加工や、古いアルバムから写真を剥がすサービスなど、ユニークなオプションもあります。

おすすめ度:★★★☆☆

  • 卒業アルバムのスキャンは安価
  • 写真の褪色復元や台紙の黄ばみ等は別料金
  • アルバムの写真ごと、ページ全体のスキャンは別料金

▼アルバムコンシェルジュ▼
https://www.album-concierge.com/index.html

Memori-one(メモリワン)

メモリ・ワンでは、初回限定のおためしサービスがあります。仕上がりに不安がある方は、少ない枚数で品質の確認ができます。

また、オプションでDropboxへのオンライン納品があります。

おすすめ度:★★★☆☆

  • スキャンした分だけのカウント料金制
  • ページスキャンは業界最安値を謳っている

▼Memori-one(メモリワン)▼
https://memori-one.net

写真せいとん屋

写真せいとん屋では、エリア限定ですが出張サービスがあるのが特徴です。直接スタッフの方とお話できるので、店舗と似た安心感を感じられます。

おすすめ度:★★☆☆☆

  • アルバムのデータ化サービスはなし
  • 出張サービスへの安心感(エリア限定)

▼写真せいとん屋▼
https://www.ph-seiton.com/index.html

ニッポン写真遺産

ニッポン写真遺産は、朝日新聞社が提供する写真のデジタル化サービスです。

歴史的に貴重だと思われる写真や珍しい写真については、所定の手続きを経た上で、朝日新聞の紙面や「朝日新聞デジタル」などのメディアで紹介してもらえることもあるそうです。

おすすめ度:★★★★☆

  • 有名企業であることの安心感
  • 納期が長いかわりに安価になる「標準コース」がある
  • 独自の「朝日自分史」割引サービス、撮影日記録サービス

▼ニッポン写真遺産▼
https://shashin-isan.asahi.com

富士フイルムのダビング・スキャン・復元サービス

長く写真ビジネスにかかわってきた富士フイルムのサービスなので、品質に安心感があります。

PhotoBankという独自アプリがあり、アップロードサービスを利用すれば納品データをアプリでも見られます。

PhotoBankはアルバムアプリとしてだけでなく、AIが類似写真や失敗写真を自動で判別したり自動でタグ付けしたりなど、まとまった量の写真の整理が簡単になる機能があります。

おすすめ度:★★★★☆

  • 有名ブランドであることの安心感
  • フォトアルバムがセットになっている
  • アルバムアプリ(PhotoBank)へのアップロードと利用(1年間無料)

▼富士フイルム▼ダビング・スキャン・復元サービス
http://fujifilmmall.jp/conversion

節目写真館

業界実績No1を謳う節目写真館は「低料金&高品質」を目指す写真スキャン業界の雄。コストパフォーマンスを重視し徹底的な企業努力を続け、国内だけでなくベトナムにもスキャンセンターがあり、高品質ながら低価格を実現しているオンラインスキャン業者です。見積もりフォームも非常に使いやすく、スキャンが初めての方でもわかりやすく作られたホームページが特徴です。

さらに「Fushimeフォト」と「Fushimeスタンプ」というオプションはとてもユニーク。

「Fushimeフォト」はオンラインアルバムですが、AIが家族を自動で抽出してくれたり、写真の当時流行した音楽、ヒット商品などの情報が見られたりと、データ化した後の写真活用が楽しくなりそうです。

また、「Fushimeスタンプ」はExif情報として撮影日を記録してくれるので、写真をオンラインやデバイスで見るとき、正しいタイムラインで見ることができます。

おすすめ度:★★★★★

  • 海外でスキャンするプランは安価
  • 写真スキャン1億枚の実績
  • 独自のオンラインアルバム(Fushimeフォト)
  • 撮影日記録サービス(Fushimeスタンプ)

▼節目写真館▼
https://fushime.com

まとめ

写真

アルバムや写真、フィルムのデータ化を業者に依頼する場合、「店舗へ持ち込む」場合と、「オンラインサービスを利用する」場合があり、それぞれどのようなサービスがあるかについてご紹介しました。

「店舗に持ち込む」場合は、店頭ならではの安心感があるのが特長です。よく行くお店にスキャンサービスがあれば、店頭で相談してみてはいかがでしょうか。

「オンラインサービスを利用する」場合は、手軽さに加え、業者によってユニークな特長やオプションがあります。自分のニーズを元に、サービスや料金を比較検討してみてはいかがでしょうか。

写真のデータ化は一日でも早く行うのがおすすめです。ご自宅やご実家の整理の際は、ぜひ「家族の思い出のデータ化」をタスクの一つに加えてみてください。

※本文中のサービスなどは、執筆時時点に各社のホームページに掲載されていた情報を元にしております。最新の情報は各サイトにてご確認ください。