過去帳とはどんなものか

"家系図と聞けば、なんとなくこんな物かな、と想像がつきそうですが、「過去帳」と言われると、どんなものなのかイメージがつきづらい方も多いのではないでしょうか?

過去の帳・・・と言われてもピンと来ませんよね。

一体どのような内容が書かれている物なのでしょうか。

過去帳(かこちょう)というのは、仏具の1つであり、その家の故人の名前、戒名、死亡年月日、享年などを記した帳面のことです。

仏具

仏具店等で購入することができ、その道具としての位置付けや書かれる内容等は仏教の宗派によって異なります。

また過去帳は仏具ですので、記入する際もサインペンやボールペンで気軽に書くようなものではなく、通常はお寺の住職や故人にゆかりのある方に筆と墨で揮毫(きごう)してもらうものです。

一方で、家系図は仏具ではありませんし、宗教的な物でもありません。

無宗教の家系であったとしても、家系図をお持ちの家は沢山あります。

家系図は、血筋や、その家の先祖など、家系の全体像をわかりやすく把握し、保存しておくための物です。

一方、過去帳は、亡くなられた故人の戒名などを記載しておく帳簿のことですので、家系図のように、1つの物で先祖代々を把握するということではなく、亡くなられた方の情報を表している系譜のようなものとイメージして頂ければ良いと思います。

過去帳は、折本と和本のものとがあり、折本とは、お寺のお坊さんなどが使っているお経などが書かれているような蛇腹の本です。

一方で和本は、今でいうノートに近いものです。

日本史などのドラマが好きな方などは、テレビで目にされた方も多いと思われますが、よく武士のような人たちが、ノートのような分厚い物を読んだり、そこに筆で書き込んだりしているのを見たことはありませんか?

そのものと良く似た形の物だと思って頂ければと思います。

古書

過去帳の内容ですが、日付が入っているものと、入っていないものに分けることができます。 日付が入っているものは、1日~31日までの日付が入っているので、亡くなった日の欄に記入することができるようです。

日付が入っている過去帳の場合、亡くなられた方の命日を確認して、供養などを行います。

一方、日付がない過去帳の場合は、亡くなられた方の順番に記入する形となります。

ですので、どちらかというと、日付がある物に比べれば、記録する為の物という意味合いが強く、お寺などではこの過去帳が使われることが多いようです。

過去帳を新たに作成・記入する場合の注意点

一般のお家にある過去帳に記入をしなければならなくなった場合は、基本的にお寺の住職にお願いすることが多いです。

お寺の住職に書いてもらう場合は、お礼だけで良いという意見もあれば、お布施を渡すケースもあるようなので、それはお寺に直接聞いてみてもいいと思います。通常は1〜5万円程度のお布施を渡すことが多いようです。

また、必ずお寺の住職にお願いしなければならないというわけではありません。

これは、お寺に頼めば内容に間違いが生じることがないという理由から、皆さんお寺にお願いされているようですが、きちんと過去帳に書く内容に関する資料等があり、身内などに筆耕が得意な方がいれば、その方にお願いしても構いません。

写経

それに在家(今回であれば過去帳を先祖代々記録しているお家の人)の過去帳というのは、その家の代々の記録となるので、ご自身で書かれても良いでしょう。

自分の家の先祖代々の記録なわけですから、自分でしっかり管理をしながら記入していくというのも大切なことだと思います。

ちなみに、先程出てきた檀家さんとは、お寺にお布施などを渡して仏事をお願いする側のことを言います。

簡単にいうと、そのお布施でお寺は維持されていきますから、お寺のスポンサーのようなものでしょうか。

お寺

このように、「過去帳」と「家系図」では、そもそも根本的な違いがあるのがわかって頂けたのではないでしょうか。

家系図は、その家の代々の血の繋がりや、親族関係を全体的に見ることができるものですが、過去帳については、その家に先祖代々つながれてきた、故人の情報や戒名等が記録されたものと思って良いでしょう。

家系図だけでは、その人その人の細かい記載が、スペース的な問題から、全部の情報を掲載できません。

ですが、過去帳があることによって、ご先祖様である方のことを知ることができるというのは、少しタイムスリップしたような気持ちになりそうですね。

この過去帳が欲しいという方や、これから作ってみようと思われる方は、作ってみても良いと思います。

更に過去帳ではなく、家系図としてなんとか1人1人の情報をまとめたいと思われるのでしたら、家系図の表とは別に、家系譜を作ることもできます。

家系譜とは、家系図に記載できなかった情報などを、自由に記載することが可能となっています。 ですので、ここに戒名や本籍地、没年月日などを記載しても良いでしょう。

以上のように、家系図と過去帳は似た部分もありますが、その作られた目的が違うことから、様々な違いがあることがご理解いただけたかと思います。

家系図や家系譜にも興味を持たれた方は、当社も含め、これらの作成を請け負っている業者もいますので、ご相談してみることをオススメします。