家系図を、もっとカジュアルに楽しもう

家系図は自分のルーツを知るため、家族の歴史を子どもや孫、その先の子孫に引継いでいくため、という目的で作られることが多いものです。また家系図を作る作業というのは、専門家ではない一般の方にとってはとても難解かつ地道な作業であり、相当な努力が必要になります。

そんなことから、出来上がった家系図は大切に家の奥に大事に保管しておきたくなるものです。美しく清書された、いわば家宝ともいえる家系図は、門外不出のお宝のように大事にしまっておきたくなるのも当然といえます。

でも今となっては、和紙に清書した家系図だけではなく、エクセルファイル等でのデータで家系図を保管する方法もあります。気軽にディスプレイに表示して閲覧したり、好みのサイズの用紙に出力したりすることもできるわけですから、紙の家系図より実用的な家系図といえますし、活用の幅も広がることでしょう。そこで、どんな場面で家系図が役に立つのかを考えていく第2弾。前回の法事の時に続いて、今回は結婚のときです。

結婚ってやっぱり「家」と「家」?

今どきの結婚は「家」と「家」というより「本人同士」が主体となって決断して、それぞれの家族が認めることで結納や挙式などの段階に進んでゆくのが一般的になっています。

もちろんこれはいわゆる恋愛結婚の場合になります。一方お見合い結婚では仲介人となる立場の人が、それぞれの人となりや家柄をしっかりとリサーチした上でお見合いの場を設けて話が進んでいきます。かつての結婚とは、家と家でするものという考え方が圧倒的多数でした。恋愛結婚の場合においても、本人同士の交際が発展し、いざ結婚しよう!という段階になってからも大変です。すんなりゴールインとはいかず、儀式のようにお互いの戸籍を交換する、といったことが普通に行われていたようです。

今でも地域の習慣や、資産家や家柄を重んじる家庭の事情によっては、こういうケースもあると思います。いずれにしても結婚を機に結婚相手の家族が身内になり、自分の家族が増えるという事実は変わりません。

家族の自己紹介には戸籍より家系図がおすすめ

個人情報保護の風潮が強まる現代では、結婚する前に戸籍の交換をすることに抵抗を示す方も多いと思います。そこで、自己紹介を兼ねて簡単な家系図を作ってお相手のご両親に渡してみるのはいかがでしょうか。言葉だけではなかなか伝わりにくい家系についてのことも、家系図を見せながら話をすれば、スムーズに伝わるかもしれません。

こうした場合の家系図は必ずしも厳密に戸籍調査をしなくても大丈夫だといえます。もちろん内容を捏造してはいけませんが、不都合な部分はわざわざ書かなくてもいいでしょう。たとえば結婚する本人から見て、両親の兄弟、父方母方それぞれのお爺さんお婆さん、その上は男系で、といったコンパクトで見やすい家系図がいいと思います。さらに、出身地や職業などをわかりやすく記載しておくと、結婚相手の家族との以外な共通点が見つかって、共通の話題に花が咲く、なんていうこともあるかもしれません。

もし、戸籍や古文書からしっかり調査した家系図をすでに作成しているのであれば、その家系図を渡してみるといいでしょう。武家の家系ではないからといって引け目を感じる必要はありません。江戸時代から幕末に至るまでのご先祖様もしっかりと把握していることに、先方の家族にも感心されることでしょうし、家系図があるということだけで立派な家に見える部分もあります。また、ご先祖様を大切にしている家、ということが相手の家族に良い印象になるに違いありません。

結婚を機にぜひ家系図作りを

まだ家系図を作成していない側の家にとっても、この結婚を機に家系図を作ってみようという、よいキッカケになることでしょう。当人たちもこれから家族になって、つながった家系図を二人でつないでいこう、幸せな家庭を築いていこう!と結婚に向けてとても前向きになるのではないでしょうか。

結婚は、自分の家系を見つめるいいキッカケになります。すでに家系図を持っていれば、それを見直し、相手のご家族に見せるために情報を加えたり、家系の範囲を整理したりする作業をしてみてはいかがでしょうか。まだ家系図を持っていなければ、結婚を機に専門業者に依頼し、しっかりとした家系図を作成するのもお勧めです。

また、もっと気軽に自分と両親が把握しているくらいの範囲で簡単な家系図を作ってみるのもいいでしょう。本格的な家系図作成の第一歩になるかもしれません。ご先祖様に結婚を報告するような気持ちで家系図を作れば、とても意義のある素晴らしい共同作業になるに違いありません。