「自分の名字は一体いつ決まったの?」の記ことの中でも解説をさせて頂きましたが、庶民を含め、国民の全員が名字を持つことになったのは、明治8年(1875年)定められた平民名字必称義務令が契機でした。

名字のルーツは様々ですが、地名からきているもの、昔の職業からきているもの、昔の武士の名前からきているもの、商売の屋号からきているもの等、色々なタイプがありますが、日本では地名・場所・地形からきている名字が大部分を占めていると言われています。一見地名とは関係のない人の名前が地名として馴染むこともありますので、やはり地名にちなんだ名字が多いのです。地名にルーツをもつ名字でわかりやすいものは「田」がつく名字(田辺・田中・田代等)です。田んぼの周辺の地域を多くの人が田辺と呼ぶようになり地名として定着し、そこから名字になり「田辺」としたなど、様々な経緯で名字を名乗ることになります。

また明治8年に名字を”公称”することが義務付けられたのですから、元々庶民に名字がなかったのではありません。その為、江戸時代の前の時代からの「名字」、「姓(かばね)」、「氏(うじ)」はあったので、明治になってその元々持っていた名字にちなんだものを使う人が多かったようです。しかし中には長く続いた江戸時代の身分制度の中で自分の名字を忘れてしまっている人も多く、そのような場合はお寺や、その土地の名士等に名字をつけてもらったそうで、その方法についても地域差があります。

ですので、都道府県や地方によっては、同じ名字が集中するということもあります。

全国レベルで多い名字

現在1番多い名字とされているのが「佐藤」さんです。

次にランクインするのが「鈴木」さん。

そして、「高橋」さん、「田中」さん、「伊藤」さん、「渡辺」さん「山本」さん、「中村」さん、と続いて行きます。

今上げた7つの名字だけでも、皆さんの今までの人生の中で、この名字の人と出会ったことがほとんどだという人の方が多いと思います。

この名字全ての人と出会ったことがある方も多いと思います。

全国的に見て多い名字ランキングですので、やはり出会う確率も高いということです。

同じ名字が集中する都道府県

北海道から沖縄まで、全体的に見てみると、やはり名字が多くなるのは、最初にご紹介させて頂いた「佐藤」さんや「高橋」さん、「鈴木」さん、「渡辺」さん、「田中」さん・・・などなど、ランキングでも上位に来ている方が多く見受けられます。

ただ、それぞれの都道府県がおおむね上位ランキングの名字の方が多いのに対し、宮崎県では、「黒木」さんが、1位となっています。

宮崎

どういうことなのでしょうか?

黒木さんの次に「甲斐」さん、「河野」さん、「日高」さん・・・。

そしてやっと、全国ランキング1位の「佐藤」さんが、第5位に登場します。

宮崎県の黒木さんは、宮崎県内の中でもかなりの割合に見えます。

黒木の名字も昔の宮崎の地名からきていると考えられており、黒木という氏も九州に存在していたようです。

ただ、宮崎県に黒木という名字が多い理由にも諸説ある為、はっきり一つこれが理由だということはできないものです。

次に気になったのが、沖縄県です。

沖縄

沖縄県の名字20ランキングには、全国名字ランキング20位までの名字が1つも入っていません。

沖縄県の名字ランキング1位は「比嘉」さん、なっています。

次に、「金城」さん、「大城」さん、「宮城」さん(都道府県名字です)、「新垣」さん、「玉城」さん、「上原」さん・・・と続いていきます。

これらの名前は、よく、沖縄出身の方で使われている印象が強い名字ですね。

しかも、「城」という漢字が名前に入っているのが多いのも目立ちます。

このように調べてみると、名字の違いでも色々なことがわかります。自分のルーツを調べる上では、自分の名字の由来も調べてみると面白いかもしれません。