名字の変更は、どのようにするのか?

生まれながらにして、誰もが背負っている名字。どの家系に生まれたかという、証のような存在が名字です。幼少期は家族の中だけで暮らしているため、名字で呼ばれることはほとんどないでしょう。

しかし幼稚園や保育園という社会へデビューを果たすと、愛称や名前よりも名字で呼ばれるケースが増えてゆきます。自分の名字をくすぐったく感じたり、好きか嫌いといった感情が芽生えたりし始めるのも幼稚園や保育園、あるいは小学校に上がった頃からかもしれません。

こうした過程の中、自分の名字に馴染むことができず、一度でも変えられるものなら変えてしまいたい、と思ったことがある人は結構いるのではないでしょうか。しかし果たして、好き嫌いで名字を変えることはできるのでしょうか。

そんな名字について、今回は「名字を変える」ことについてのいろいろを、ご紹介していきます。

名字が変わるということは通常、自分の意思に関わらず、自身の結婚や離婚、養子縁組といった家庭の組織が変化することに伴って法律上変更になることが多いと思います。また、一定の条件を満たすことで、自分の意思によって変更できる場合もあります。

まず、名字とは法律用語によると「氏」といいます。そこで、ここから先は法律の引用もあるので名字を「氏」と統一して表記します。読み方は「し」ではなく「うじ」です。

婚姻・離婚・養子縁組・離縁の場合によって氏が変更になるのは、法律上当然の変更で「氏の変動」といいます。ちなみに婚姻の場合、民法750条によって「夫又は妻の氏」にしなければならないとあり、どちらか一方の氏に統一する必要があります。近年話題になることが多い「夫婦別姓」は、現状の法律ではこの一文によって禁止されているということになります。

名字を変えられる7つの条件

続いては、自分の意思によって氏を選んだり変更したりすることができる場合の一定条件です。これには、以下の7つの要項が挙げられています。

1.夫婦のいずれか一方が死亡した場合、生存配偶者が自らの意思によって婚姻前の氏に戻すこと(復氏)ができる(民法7511)

この場合、特に手続きを行わなければ、生存配偶者の氏は変わりません。

2.離婚による復氏から婚姻中の氏(婚氏)に変更することができる(民法7672)

原則としては離婚すると復氏となりますが、離婚から3カ月以内に届け出を出せば婚氏に変更できます。

3.離縁による復氏から養子縁組中の氏(縁氏)に変更することができる(民法8162)

この条件には、氏を得るだけのための養子縁組を防ぐことを目的に、離縁が縁組から7年以上と長い期間が経過していることが要件として加えられています。

4.父または母と氏が異なる子は、自分の意思で父または母の氏に変更することができる。ただし、家庭裁判所の許可を得て、戸籍法の定めるところによる届け出が必要(民法7911)

この場合の子とは、離婚した夫婦の子や、父母が婚姻中に出生した子(嫡出子)ではない子のことを指します。

5.やむを得ない事由によって氏を変更したい場合、戸籍の筆頭者およびその配偶者が家庭裁判所の許可を得て届け出をすることで変更ができる(戸籍法1071)

「やむを得ない事由」とはいったいどのような場合なのかについては、のちほど紹介します。

6.外国人と婚姻した人が配偶者の氏に変更する場合、婚姻から6カ月以内であれば家庭裁判所の許可を得ずに届け出で変更できる」(戸籍法1072)

7.外国人と婚姻し配偶者の氏に変更した人が離婚・婚姻取り消し・配偶者の死亡いずれかののち、3カ月以内であれば家庭裁判所の許可を得ずに届け出で、変更の際に称していた氏に変更することができる(戸籍法1073)

ここで、「やむを得ない事由」について、少し掘り下げてみます。裁判所のウェブサイトによると「氏の変更をしないとその人の社会生活において著しい支障を来す場合」とあります。例えば、珍奇・難読・難解な氏、著しく軽蔑される意味にとられ、本人や子の人格形成に影響する氏などです。また、元暴力団員として周知された氏によって社会生活上支障や不利益があり、更生意欲が妨げられることから変更が許可されたという適用例もあります。

変更に必要な手続きと注意点

「やむを得ない事由」による氏の変更を希望する場合の手続きとは、次のような流れです。まず、住所地にある家庭裁判所に申し立てをし、許可を得る必要があります。戸籍の筆頭者およびその配偶者が申立人となって申立書を提出し、許可の審判が確定したら、次に市区町村役場に変更の届け出をします。これで手続きは完了です。

ちなみに「名」を変更したい場合も氏の変更と同じように、家庭裁判所の許可を得て役所に届け出をします。氏の変更の場合が「やむを得ない事由」であるのに対して、名の変更は「正当な事由」とされているため、氏の変更の方がハードルが高いと言っていいでしょう。

こうしたことから「自分の名字に馴染まないので変えたい」というくらいの事由では、裁判所の許可が下りることは難しいと考えた方いいかもしれません。また、氏の変更は同一戸籍内の全員に影響します。そのため、同一戸籍内にある15歳以上の者の同意書を提出する書類を、家庭裁判所への申立書に添付する必要があります。

というわけで、「名字を変えたい」という思いや願いに、本当にやむを得ない事由があるのかどうか、同一戸籍内にいる家族が皆同意してくれるのかどうか、こういったことをしっかり話し合っておかなくてはならないでしょう。家庭裁判所の審判を受ける前に、家庭内で審判を下すことが必要になるようです。