家系図のメリットをご紹介

家系図を作る様々なメリットをケースに合わせてご紹介します。

終活・自分探しの場合

先祖への感謝の気持ちが生まれる

今まで自分が知らなかった先祖のことを知ると、今の自分が生きていることに感謝の気持ちが生まれます。
自分の先祖が1人でも欠けてしまえば、今の自分はいないからです。本当に色々な偶然が重なり合って今の自分がいることに気付けると思います。

自分より遥か前に生きていた先祖のことを、自分が生きているうちに知っておきたい、と思うことはとても自然で尊いことです。「昔の先祖」を知るということは、正に「今の自分」を知ることと同じことなんです。

普段忙しく毎日を過ごしていると、そのような先祖への感謝の気持ちは忘れがちなものです。
でも家系図を作ることで、家族のつながりを再確認できて、今自分がいることに対して先祖に感謝の気持ちを持てるようになります。

自分の起源ルーツを知ることができる

皆さんはこれまでに1度でも、「自分は何で今生きているんだろう?」とか、「自分はどこから来たのだろう?」とか考えたことはありませんか?1度位だったら考えたことがある方もいると思います。人は生まれて3歳位からの記憶しかないと言われていて、一生のうちに自分で見聞きできる情報も限られています。

そんな中で、家系図の作成は自分が生まれたときのことや、生まれる前のことを公的な資料から知ることのできる貴重な体験になります。

この公的資料である戸籍は、いつまでも保存されていることが保証されているわけではありません。いつか法律の改正により廃棄されてしまう可能性もあります。いざ先祖のことを知りたい、と思い立ったときにはもう資料が残っていない、ということにならないように、思い立ったらすぐ取り掛かることをオススメします。

自分の起源ルーツを探す旅に出れるようになる

家系図を作って、自分の「たましい故郷ふるさと」を知ることができたら、是非その場所にいってみることをオススメしています。自分の生まれた場所から始まって、順に自分の先祖の生まれた場所を順に巡ってみれば、ちょっとした旅になる思います。

この「自分のルーツを辿る旅」に美味しい料理や立派なリゾートホテルは要りません。なぜなら、自分のルーツを辿るという、きちんとした旅の目的があるからです。自分の「魂の故郷」は、全く関係ない人が今住んでいるかもしれません。建物も何もない空き地になっているかもしれません。とんでもない山奥かもしれません。行って景色を目にするだけで、自然と涙が出てくるかもしれません。そんな場所が「魂の故郷」です。旅の後は、「こないだ自分のルーツを辿る旅に行ってきたんだ…」と、その話を周りの人に聞かせてあげてみると、とても話も盛り上がると思います。家系図を作ることで、こんな素敵な体験もできるようになります。

自分の「たましい故郷ふるさと」を知ることができる

どなたでも、自分の生まれた場所は知っていると思います。でも自分の遥か昔の先祖が暮らしていた土地まではわからないと思います。家系図を作る過程で、先祖が暮らしていた土地に関する情報も自然と手に入ります。その先祖が暮らしていただろう土地を、私たちは「魂の故郷」と呼んでいます。

家系図を作る過程で、先祖が暮らしていた土地に関する情報も自然と手に入ります。その先祖が暮らしていただろう土地を、私たちは「魂の故郷」と呼んでいます。

そんな場所を自分の心や魂の故郷と思うと、何でもない土地にもとても愛着がわいてくると思います。家系図を作ることで、そんな体験もできるようになります。

子供に先祖の事を語り継ぐことができるようになる

自分の両親や祖母から先祖について教えてもらったことがあったとしても、普通は自分の曽祖父(ひいおじいちゃん)の代くらいまでではないでしょうか。自分の子供も、いつか「一体自分はどこから来たのだろう?」とか考えるときがあるかもしれません。そんなときに、「ウチの祖先は〇〇のあたりに住んでたんだよ」とか「自分の祖先は漁師だったらしい」とか、家族の歴史を直接自分のことばで子供に伝えてあげられたら、とても素敵だと思いませんか?

家系図は1度作って終わりではなく、子供に引き継いでいつまでも続いていくものです。今の家族に家系図がない場合は、自分がその1番最初の家系図を作ることができるということです。生きている間に何か立派な功績を残さないと自分の銅像は建てられません。でも家系図は誰でも手軽に作ることができて、後世に渡って自分が生きた証にもなるものです。作った家系図は形見として子供に託して、いつまでも引き継いでいってもらえる家族の宝物にもなります。

終活にも最適です

家系図は昔を懐かしむためだけに役立つのではなく、実用的なメリットもあります。親と相続に関する話をしたいけど、まだ親が元気なうちにそんな話はしにくい、といった場合も多いと思います。相続にまつわる問題は、事前に遺言や信託契約生前対策をしておけば大抵解決できるものですが、元気な間はそのような対策を考えることもなく、いざというときに困ってしまい後悔することも少なくありません。

家系図を作ることが、自分や両親や祖父母の相続について考えたり、エンディングノートを書くよいきっかけになります。さらに、家系図を作成する際に収集する戸籍は、使用期間の制限がなく相続手続にそのまま利用することができるので、相続手続の準備にもなり、無駄がなく一石二鳥です。

贈り物としてのメリット

両親・祖父母に感謝の気持ちが伝わる

ご高齢の方へのプレゼントとしても、家系図はとても喜ばれます。

ご両親・祖父母も、自分から連なる壮大な家系図を見れば、自分を起点にたくさんの子孫がいることが確認できて、「子供を産んで本当に良かったな」と感じてもらえると思います。家系図にはたくさんの家族が記載されますので、きっと両親・祖父母にとって懐かしい名前が並んでいると思います。懐かしい名前を見ると、昔にタイムスリップしてように若返った気持ちになってもらえるかもしれません。大切な両親や祖父母にそんな体験を提供できる贈り物は、きっと家系図だけです。

法事の引出物にも

親戚が一同に会する法事や法要の際の引出物に迷ったら、簡略化した家系図を品と合わせて贈ってみることをお勧めします。きっと参列された方も興味を持って家系図を見ていただけるので、参列者どうしの会話も弾むと思います。

法事のときは、最も自分の家族や家系を意識するタイミングだといえますので、家系図を作って、親戚どうし懐かしい話に花を咲かせるきっかけにしてみてはどうでしょうか。

結婚・出産祝いにもお勧めです

結婚したり、子供が生まれたりしたときも家系図を作るタイミングです。すでに家系図を作成されている方は、その家系図に生まれたお子様を新しく加えてあげましょう。まだ家系図を作られてない方は、これを機に記念すべき最初の家系図を作成されることをお勧めします。

家族写真では今生きている方しか写ることができませんが、家系図であれば大昔の先祖様と一緒に同じ枠に収まることができて、家族の歴史を見直すきっかけにもなります。家系図から自分が家族の歴史の一部を担っていることを意識することで、これからも家族を大切にして幸せな家庭を築いていく決意も強くなるはずです。

両親や祖父母と
家族のことについて話すきっかけになる

家系図を作っても、家族の歴史の全てが分かるわけではありません。だからきっと、両親に聞いてみたくなるはずです。自分の生まれた時の記憶はないので、「自分が生まれた場所はどんな場所だった?」「自分が生まれたときは、どんな天気だった?」と聞いてみてもいいかもしれません。祖父母には、「自分の父は小さい頃どんな子供だったの?」「おじいちゃんが若かった頃は、どんな時代だったの?」とか聞きたくなるかもしれません。

昔のことを尋ねれば、きっと懐かしみにながら丁寧に昔のことを教えてくれるはずです。家系図を作ることで、家族の色々なことに興味がわいて、家族と話すことが楽しくなる。家系図と作るとそんなメリットもあります。

その他

先祖への感謝の気持ちが生まれる

まともに面と向かって話もできないまま他界してしまった両親のこと、もっと知りたいと思うはずです。その親がいなければ今の自分はいないから、知りたくて当然です。もう亡くなってしまった親から直接話を聞くことはできませんが、戸籍を辿ってその生きた足跡を辿っていくことはできます。

親のルーツを辿って、生まれた場所や育った場所に旅に出てみれば、意外な発見があるかもしれません。身内が亡くなったときこそ、故人のことを想い、故人が生きた証を残す意味も含めて、家系図を作るよいタイミングです。

家系図を作る様々なメリットを
ケースに合わせてご紹介

お問い合わせ・資料請求はこちら

お問い合わせはお気軽に!

0120-755-122

受付時間 9:00~20:00

Instagram YouTube

ページの先頭へ