家系図を手にとって頂いたお客様から頂戴しました感謝の声を紹介させていただきます。

家系図本をプレゼント中

0120-755-122(受付時間 9:00~20:00)

商品情報ページへ

無料資料請求 家系図本もプレゼント中!

ルーツを語ろう。vol.8

伊勢神宮へ行きたいです。千年前の先祖と同じ景色を見るために。山元明美様 伊勢神宮へ行きたいです。千年前の先祖と同じ景色を見るために。山元明美様

Voice

京都在住の山元様のご自宅にお伺いし、旦那様とお母様にも同席いただいて、お話を伺ってきました。
以前から先祖にどのような人物がいたかということが気になっていらっしゃったということなので、今回は戸籍以上のご先祖調査「STORY」をご依頼いただきました。
お話をしていると「次の世代へ我が家のルーツを残したい」という強いお気持ちを感じることが出来ました。

お母様も家系図作りをしていた

この度は、詳しく調べてくださってありがとうございました。母もすごく喜んでくれましたし、知らなかったルーツも発見することが出来ました。

今回、ルーツを辿っていただいて嬉しかったことは、私が十数年前に位牌などを自分なりにまとめて作成した家系図と、家樹さんに調べてもらった内容が一致するところがあったことです。更に古い時代のこともわかりましたし、次の世代へ残せる本(ファミリーヒストリーブック)もキレイに作ってくださったので良かったです。
(お母様が作られた家系図のメモ書きを見せていただく)

お母様も家系図を作成していらっしゃったんですね。作成されるのは大変だったんじゃないでしょうか。

大変でしたよ。合っているかどうかも不安でしたし、字も間違っていると思います。残念ながらウチには娘しかおらず、名乗っている名字は私で途絶えてしまうんです。それでも、この家系図で家の歴史を残して、孫やひ孫が想いをつないでいってくれればといいと思っています。

今回は、家系について詳しく調査するアドバンスプラン(戸籍以上の調査)でしたので、家族構成だけでなく、ご先祖様の暮らしぶりや職業などを次の世代へ伝承していけますね。

伝統的な職人がいる家系であることは伝承で聞いていましたが、位牌に屋号のようなものが幾つかあり、何が正しいのかさっぱりわかりませんでした。家系図という“図”を作成するだけでなく、どのようなご先祖様がいらっしゃったのかなど、もっと深い内容を知りたいと思っていました。調査していただいたことで紐解けた部分と、新たな事実が見つかったので、大満足です。

ご満足していただけて、我々としても嬉しいです。どの時代でもしっかりした家系図や家族の記録を作成しておくことで、次の世代は喜んでくれると思いますよ。

そうですね。ここでしっかりしたものを作れて良かったですよ。

山元明美様

今でも職人を継いでいるはとこに話が聞けた

今回は、調査をする中で、ご親族様から山元様に直接ご連絡をいただけましたね。

家樹さんからアンケート調査を行って下さったおかげで、はとこが連絡をくれました。

はとこの方とは普段連絡を取られてないのですか?

法事の時に会ったのが最後なので、もう何年も会っていませんでした。法事の時も挨拶程度しかしていなかったので、しっかりお会いして話をしたのは数十年ぶりでしょうか。

はとこの方はどのような反応をされていましたか?

家系について知りたかったのなら、もっと早くに言ってくれれば良かったのに!といってましたね(笑)昔は祖父とその兄弟も仲が良くて、一族で旅行に行くことなどもありました。まだ小さかった頃に、はとこと一緒に遊んだことも覚えています。

はとこの方も山元様と思い出話などが出来て嬉しかったのだと思いますよ。

はい、私も嬉しかったです。はとこは今でも伝統的な職人を代々引き継いでいるので、その引き継いだ想いなどを話してくれました。私の先祖にも関係する話でしたし、初めて聞くことばかりでしたので、感動しました。少し疎遠になっていましたが、改めて親戚として末永くお付き合いしていこうと思います。

山元明美様

家紋が合っているのか不安だった

ご依頼いただく際に、今使用している家紋が合っているのか不安だったとお伺いしていましたが、今回の調査の結果、間違いないとご報告させていただきました。

伝わってきた家紋が、母や叔母からしか聞いていなかったので、もしかしたら女性のみが受け継いでいた家紋ではないかと思っていました。

母系が受け継ぐ女紋ですね。

今回、家樹さんに本家へアンケート調査を行っていただき、本家も同じ家紋だったことがわかったので安心しました。

丸がついているものやないものなどあったので、どちらが正しいのかわからなくて。

分家をされた際に丸を付ける場合もありますからね。もともと丸のついた紋を使用されていたか、本家と区別を付けるために、丸を用いて作られたものもあったのかも知れませんね。

そうなんですね。ウチには家紋の入ったお着物やお重箱などが残っています。大切な紋ですので、こだわっているんです。名字は途絶えてしまいますが、子や孫にもこの紋は引き継いで欲しいと強く思っています。

現在では、自分の家の家紋を知らない若い方も多くいらっしゃいます。お母様のお気持ちは大切にお孫さんたちにも家系図と一緒に伝えてあげて下さい。

せっかくこのように見えるものとして作って下さったので、しっかり伝えていきます。

山元明美様

いつか家族で伊勢参りへ

今回の調査で、山元様の家系は伊勢神宮の神職に関係する家系であるというご報告をさせていただきました。

そのような流れが私の家系にあるとはまったく知らなかったですし、想像もしていなかったので、驚きました。

お子さんなどにはご覧になったのですか?

孫やひ孫たちは興味がなくて寂しいですね。私としては知っていてほしいことなのに。

これから年を重ねることで次第に興味が湧いてくることも多いですよ。その時に今回の調査結果があると、お孫さん達はとても喜ぶと思いますよ。我々も先祖がしっかりとした家系図を作ってくれていれば、もっと先祖のことを知ることが出来たわけですから。

そうですよね。今回調べたことが、今生きている家族だけではなくて、その先も引き継いでいけると思うと作った甲斐があります。

孫たちも含めて、伊勢神宮に行かないと行けませんね。

是非オススメします。お孫さん達も自分のルーツに触れるという貴重な体験が出来るはずですよ。

母も元気ですので、落ち着いたら家族で伊勢神宮にお参りに行こうと思います。ご先祖様がご覧になった景色を家族で見たいと思いますし、これからの私達を見守ってくださるようお願いしたいと思います。

義母も本当に喜んでくれたので、今回は依頼して良かったです。いつか私の家系も調べようと思いますので、そのときは家樹さんにお願いしようと思います。

今回はご依頼いただきまして、誠にありがとうございました。

こちらこそありがとうございました。

山元明美様

納品物

FAMILY HISTORY BOOK

お問い合わせ・資料請求はこちら

お問い合わせはお気軽に!

0120-755-122

受付時間 10:00~20:00

Instagram YouTube LINE