還暦祝いって、何だろう?

長い人生における数ある誕生日の中で、もっとも大きなお祝い事となるのは「還暦」ではないでしょうか。結婚年数の銀婚式や金婚式などとは違って当人の年齢で祝うため、ひときわ重みを感じる祝い事なのかもしれません。

「還暦」は、十干十二支がひとまわりして誕生年の干支が巡り還ってくることです。年齢でいうと満60歳。かつては、誕生した時点を1歳とし、元日を迎えるたびに一つ歳を重ねる「数え年」が一般的だったので、数えでは61歳となります。今や数え年で行事を行う風習も少なくなってきているので、還暦は満60歳の誕生日に祝うことが多くなっています。

日本人の平均寿命が60歳を超えたのは1950年前後です。今から約70年くらい前と言えば、それほど昔の話ではありません。「人生60年」の時代。還暦とは今で言うところの「喜寿(数え77歳、満76歳)」や「米寿(数え88歳、満87歳)」といったような長寿のお祝いだったのです。

アクティブな60歳にとっては照れくさいイベント?

ところで「還暦祝い」の席で、お祝いされる本人が赤いちゃんちゃんこと赤い頭巾を被っているシーンをよく見ます。その昔、産着には魔除けの赤が使われていたことから、生誕年に還るという意味が込められた伝統的な習慣の名残りです。が、これも過去の風習となりつつあるようです。

60歳と言えば定年退職、年金支給が始まる年。というのは今や昔の話でしょうか。

男性も女性もまだまだアクティブに仕事に励んでゆく年頃。65歳定年を採用する企業も多く、年金の支給開始年齢は徐々に上がり、2018年に還暦を迎える女性は61歳から、男性は63歳からです。元気にもうひと仕事頑張っていこうというタイミング。そんな中での「還暦祝い」は、時代とともに意味合いが変わってきているようです。

還暦祝いはサプライズで盛り上げましょう

そこで、お父さんお母さんの還暦祝い。「年寄り扱いされるのはチョット」と、当人は抵抗感もありそう。そこはやはりサプライズな演出がポイントとなります。

そのためにも直前でバタバタせず、本人の趣味や嗜好を時間をかけてじっくりリサーチしておきたいところです。万全の準備をして、こんなサプライズやプレゼントはいかがでしょうか。

○旅行に誘う
「行ってみたい」「もう一度行きたい」と思っている場所へ一緒に旅行に行くのはいかがでしょうか。

思い出の場所。たとえば新婚旅行に行った場所でも、かつて暮らしていた町でもいいでしょう。きっと今までに聞くことができなかったような話が聞けて、会話も弾むことでしょう。宿泊先のディナータイムで好きなお酒や料理を用意してもらうのも、思い出に残るいいプレゼントになること間違いありません。

○ディナーに招待
お父さんやお母さんが大好きな料理。特に最近の傾向をしっかりリサーチしておきましょう。グルメ番組を観ている時のリアクションも見逃さないように。

そして、これを食べるならここ、というお店を予約します。きっと喜んでもらえる上、自分自身にとっても楽しみです。もちろん特別なお酒やオリジナルなスイーツの準備も忘れずに。

○趣味で使うグッズ
お父さんやお母さんの趣味というものは意外と知らないかもしれません。仕事に忙しくなかなか趣味を広げるのは難しいのが50代。それでも還暦を機に始めてみたいと思っていることがあるのではないでしょうか。