名字のルーツや漢字の由来

普段は空気のような存在として付き合っている、自分の名字と名前。
ふとしたことをきっかけに、名字のルーツや漢字の由来について知りたい、と思ったことはないでしょうか。

いったいいつ誰が名字を決め、なぜその漢字で自らを名乗ることになったのか。
名前についても、両親はいったいどんな思いを抱いて付けたのか。
漢字の由来はちゃんと調べたのだろうか。
ひとたび気になり出したら、好奇心は尽きることなく深まってゆくことでしょう。

一つ一つの漢字には由来があります。
ものの形をルーツとする象形文字、ビジュアル化しづらい物事の状態を表した指事文字、漢字二文字以上の形や意味を組み合わせた会意文字、意味と音それぞれを表す文字を組み合わせた形声文字、日本で作られた国字などに大別されますが、美しく楽しげな意味を持った漢字ばかりではありません。

恐ろしく不気味な意味を由来とする漢字もたくさんあります。

ではそんな漢字が名字や名前に使われていたらどうでしょう。今回はそんな怖い漢字を紐解いていきたいと思います。

名前に使われる怖い意味の漢字

名前に使える字というのは、実は法律で決められていることをご存知でしょうか。戸籍法施行規則第60条で定められる①常用漢字表に掲げる漢字、②別表第二に掲げる漢字、そして③片仮名又は平仮名とされています。

これに相当する漢字の数は2,999字なのですが、縁起が悪いとか怖い由来の漢字を除いているわけではありません。この中には実は恐ろしい漢字が含まれているので、名付けの候補として考えた漢字は、由来を調べることをオススメします。

一方名字は簡単に替えることができないため、法規制などはなく様々な漢字によって付けられています。
そのため、見たこともないような漢字や、難読の漢字、あるいは縁起が悪い、怖い意味がある漢字が使われているケースがあります。

例えば『政』は、相手を力で征服してただす「正」と右手でムチを振るう「攵」が合体しており「強制的にただす」という意味があります。

『久』は、死者が起きるように、添え木で支える様を表しているという説があります。

『取』は、戦争で殺した敵の左耳を切り取ったことを表す会意文字。

『幸』は、「手かせ」を表した象形文字です。ただ手かせから免れたことで、幸せという意味ではあるようです。

『道』は、異族の首をはねて持ち道に潜む邪悪な霊を祓う、という意味が込められています。

『憲』は、目を削り取る刑を意味しています。

『真』は、中国の土器、鼎の中身が一杯になっている様とされていますが、行き倒れの死者を表す象形文字という説もあります。

意外に多い!怖い漢字の珍名


名字の由来とは、土地や一族、占い、職業、宗教、民話などをルーツにしたものがあるようですが、多くの名字は地名に由来すると言われています。良く知られているところでは『藤』が使われている名字は藤原氏を先祖に持つというのがありますが、中には不吉だったり蔑まされる内容のことであったりと悪い由来が隠されている場合もあります。それについては実際にその名字の方を不快な気持ちにさせてしまう場合もあるため、ここでは実例は挙げないことにします。

そこで、珍しい名字の中で、この漢字はどうなの?というものを並べてみました。
『鬼』さんは全国に40人ほどいらっしゃるそうで、そのまま「おに」と読んだり「きさらぎ」と読まれることもあるとのことです。

『霊』さんは全国に約10人で、読み方は「みたま」。

『霊園』さんは「れいえん」で、30人ほどいらっしゃいます。

『忌部』さんは約210人もいらっしゃり、神事に携わる大族がルーツとか。

『瀬屑』さんは、50人ほどいらっしゃるそうです。

『馬鹿』さんは「ましか」さん。『降魔』さんは「ごうま」さん。いずれも10名ほどしかいない、珍しい名字です。

『牛糞』さんは、そのまま「うしくそ」さん、「うぐそ」さんと読むのだそうです。

名字は一人一人の顔の一部と言っていいでしょう。自分で選ぶことはできず、代々受け継いできたご先祖様からの贈り物のようなものなので、どんな名字であっても大切にすべきものです。珍名・奇名・希少名などさまざまな名字がありますが、そのルーツを探ればいろいろな背景が見えてくると思います。

偏見や差別に導かれるデリケートさも兼ね備えているのが名字です。自分以外の名字に対しては慎重に、相手を尊重する気持ちを忘れずにいたいものです。

 

家系図作成サービス「家樹」